ビートルズと数学

ビートルズの曲に関してこんな記事を見つけて、少々驚いた。
「A HARD DAYS NIGHT」
初期を代表する名曲のひとつだが、注目は冒頭の
「ジャーン」という音。

単純にエレキギターでかき鳴らした音なんだろうな、と思っていたら
コードはわかるものの、どのように演奏されたかは謎だったという。
誕生以来、数え切れないくらいコピーされてきただろうに、
にわかには信じられない話。まず、これに驚いた。
ポール、ジョン、ジョージの3人が一度の録音では出せない音が
含まれているらしいのだが、それを数学者が半年を費やして
数学的手法(フーリエ変換によるサンプリングされた音の振幅を
分解して、原音の周波数を求める、ムムッ、give up!!)を駆使して、
ついに解明したというのだから、またまたびっくり。
では、音はどう出されたのか?

<ネタバレありますので、ご注意ください>

つまり、プロデューサーのG.マーティンがピアノの音を出していた、
ということらしい。

それで、写真のCDを引っ張り出して聴いてみたものの、
私にはさっぱりピアノの音らしきものは聞き取れず。
でも、悲観する必要はないか…
なにしろ、何十年にもわたって謎だったんだから。
c0007388_22292650.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-11-06 22:30 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 若者たちの神々@筑紫哲也対論集 キングからオバマへ >>