筑紫さんが遺したもの@TV

立花隆さん曰く「筋金入りのリベラリスト」
姜尚中さん曰く「アマチュアだった」
鳥越俊太郎さん曰く「座標軸のようなもの」

偶然見た特別番組であったが、登場するゲストの多彩さに
改めて筑紫さんの「守備範囲」の広さを感じるのだった。

最後の「多事争論」は京都のビルの屋上で撮られていた。
テーマは「日本はガンになった」というショッキングなもの。
筑紫さんは、自らのガンと戦う様を日本の現状に例えた。
ガンという状態がわかっていて、やるべきことも分かっている。
そして、この戦いはしんどいものだ。
でも、やらねばならぬものだ、と。

最後に登場した井上陽水は「筑紫哲也ニュース23」の
エンディングテーマだった「最後のニュース」を淡々と歌いだした。
でも、最後の

…今 あなたにGood-Night
ただ あなたにGood-Bye

では、明らかに涙をこらえていた。
c0007388_23442932.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-11-11 23:42 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 参加アーティスト発表@PMF2009 若者たちの神々@筑紫哲也対論集 >>