おおば比呂司記念室@札幌市資料館2008

今朝は5時頃に雨音で目覚めました。
いつ降っても雨は雨なのですが、晩秋に降る雨の音は
特別なのでしょうか。季節と暗さが、もうすぐやってくる冬を
連想させて、もう眠れませんでした。
その反動か、昼食後に新聞を読んでいたら、思わずうたた寝です。
睡眠不足は、ちゃぁんと帳尻を合わせてくるものですね。

日が沈む前にカミサンと散歩しましたが、
木々の梢に葉はほとんどありません。
天気予報では今週は雪マークだらけ。
さぁて、白銀の世界もいよいよ近いかな。

ところで、先日「おおば比呂司記念室」を覗いてきました。
場所はテレビ塔の大通りを挟んだ反対側、札幌市資料館の一角。
c0007388_23334675.jpg

「おおばさん?who?」
古くからの北海道銘菓のひとつに「わかさいも」がありますが、
あのパッケージを描いた方ですよ、と言えば道民の結構な数の方が
「あ~、あれ。」
と思い出していただけるのではないでしょうか。

画家というか、イラストレーターというか、おおばさんの作風は
既存のカテゴリーに収まりきらないものを感じるのですが、
どの作品もおおらかで、ほのぼのとして、そのタッチの暖かさには
思わず微笑みが生まれてしまうものも少なくありません。
幼い頃からのファンとしては、待望の鑑賞でした。

常設展示は2室しかありませんが、写真にもあるように
11/26~12/7には没後20年回顧展が資料館全体を使って
開かれます。入場無料。
c0007388_23511885.jpg

<11.18追記>
ケータイで撮った写真がありましたので、追加しました。
[PR]
by capricciosam | 2008-11-16 23:51 | 展覧会 | Comments(0)


<< 歩き疲れたよ 参加アーティスト発表@PMF2009 >>