サイモン・ラトル&ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団@ミューザ川崎2008

そもそも今回の東京行きのきっかけはこの演奏会だった。

ラトル&ベルリンフィルは4年前になんとも魅力のないプログラムと
法外なチケット代で来札したが、これはムカッときてパスした。
しかし、案の定なかなか再来札はかなわずじまいで、ちょい未練。
また、マグダレナ・コジェナーも5年前に来札したっきり。
これは大いに迷って、結局パスしたが、後年ラトルと結婚したから、
もう絶望的だろうなと思い、これは大いに後悔した。
と言うわけで、私の中ではこれらの演奏会はあきらめていた…

そんな夏のある日のこと。
まだ足を踏み入れたことのない「ミューザ川崎」で
ラトルとコジェナーとベルリンフィルの演奏会がある、という情報が。
「生涯においてこのチャンスを逃すと後悔しないか?」
「でも川崎か…、遠いなぁ…」
「わざわざ出かけるだけの値は…」
「……私にはある!!」

結局、年甲斐もなく後先考えずに行動して、なんとかチケットは
入手できたものの、そりゃ当然家計にしわ寄せがいく話ですから、
カミサンとのタフな交渉が待っていました(汗)
それで、なんとか拝み倒して実現した訳です。
「一生のお願い」この手形の乱発でしたね…
ありがとう、カミサンなのです、ハイ。
c0007388_22225649.jpg

一曲目ハイドン交響曲第92番「オックスフォード」
ハイドンの交響曲はごく有名なものしか聴いたことがないため、
初めて聴きましたが、ベルリンフィルのつややかな音色に
うっとりして耳を傾けているうちに、25分程の曲は終わった。
実にモダンな響きで聴かせてもらいました。

二曲目マーラー/リュッケルトの詩による5つの歌
コジェナーが登場し、拍手も一段と盛大になる。
次の順番で歌われた。
①美しさゆえに愛するのなら
②私の歌をのぞき見しないで
③真夜中に
④私はほのかな香りを吸い込んだ
⑤私はこの世に忘れられ

マーラーが次の創作段階に進む時期でもあり、
妻となるアルマとの婚約した年に大半の曲が作られたという
この一連の歌曲は、やはり「幸福感」に満ちている。
彼女は表情豊かに、かつ適度な動きも交えて、
歌の内実を伝えようとしていたが、
これはかなり成功していたように思う。
歌い終えたコジェナーの手にラトルが軽くキス。
なんとも、憎い光景ですなぁ…

第三曲ベートーヴェン交響曲第6番「田園」
私としてはマーラーで満足していて、やや肩の力の抜けた状態。
第一楽章から、ラトルの紡ぎ出す調べには、就任した当時に
耳にした妙な「個性」は感じられず、実にオーソドックスに曲が
展開されていきます。さすがベルリンフィルです、
演奏にまったくゆるみや破綻を感じさせません。実に快適。
ところが、曲が進むにつれ、ラトルの指揮にあおられたかのように
徐々に演奏がヒートアップしていき、続けて演奏された
第3楽章から第5楽章には、思わず手に汗握って聴き入って
しまいました。見事なアンサンブル。完璧。
まさか、手垢のついたこの名曲の空前絶後の演奏が
待っているとは、望外の喜びでした。
ややフラング気味の拍手でしたが、ブラボーが盛んに飛び交い
会場の満足度の高さが表われていました。
アンコールはありませんでしたが、鳴りやまぬ拍手に応えて
楽員のいなくなったステージにラトルがひとり登場してくれました。
c0007388_20152277.jpg

<蛇足>
Kitaraのシンメトリーな座席配置に慣れている身には、
ミューザ川崎の、まるでりんごの皮を切らさないで剥いて
いったような配置の座席はおもしろかったですね。
3階席でしたが、ステージもKitaraより近く感じられました。
また、音はKitaraよりやや残響が少ない感じでしたが、
クリアな感じがしました。
c0007388_22235455.jpg

<1.24追記>
産経新聞の音楽欄に担当記者が「ホンネのベストテン」として
年間6位に当コンサートを選んでいます。
「横綱格のベルリン・フィルは来日初日にラトルの細君、
マグダレナ・コジェナーが絶妙無比のマーラーを披露。
ミューザ川崎の美しい響きも大きな力となった。」
首都圏の数多ある演奏会でも上位に選ばれるほどだったとは…
ついてたなぁ~

[PR]
by capricciosam | 2008-12-03 20:15 | 音楽 | Comments(8)
Commented by ぼくてき at 2008-12-03 23:20 x
東京を満喫されてたんですね(^^)行動力に脱帽です。

>東京は(中略)ゆるい人口密度に生活し、適度な混雑ぐらいしか
>経験しない身には、やはりしんどい部分もあります。
>まあ、順応すれば、それほどでもないのかもしれませんが…

いえ、長く住んでいても、ただの雑踏はただしんどいだけです(笑)。

さて、サイモン・ラトルがまだ若かった頃(私も20代だった頃)、彼の指揮のシベリウスの2番をLPで買って聴いたことを思い出します。
>妙な「個性」
それも含めて、いいなあと思って聴きました。
Commented by capricciosam at 2008-12-04 07:14
>ぼくてきさん、コメントありがとうございます。
>東京を満喫
ハイ、おっしゃるとおり「満喫」でしたね(^^)
この歳になるまで、こんな旅はしたことがなかったので、
最高の思い出となりました。
ボリュームと質は、やはり東京は圧倒的だと思います。
>シベリウスの2番
名曲ですが、ラトルの演奏は若い頃から一頭地を抜いて
いたんですね。
Commented by zephyr at 2008-12-05 13:22 x
4年前は確かダフニスとクロエ組曲とかでしたよねー。
私もBPOを袖にして、同夜の島谷ひとみin市民会館を選択しました。^^

MUZA3階センターの1~6列目は私にとってのベスポジです。
銀河の渦状腕のような座席配置は、演奏者の平衡感覚に影響しないんでしょうか?

Kitaraはマイク間の少し延長上に、空中ブランコ席があれば申し分ないかと...。(笑)
舞台上方の反響板にもうひと工夫欲しいところです。
演目を考慮して上下移動調整をすれば、特等席が増える筈なんですけど。

あと「一生のお願い」っていう手があるんですね。 大変参考になりました!
Commented by capricciosam at 2008-12-06 00:26
>zephyr さん、コメントありがとうございます。
別記事のゲルギエフ&LSOにもたくさんのコメントを
いただき、ありがとうございます。
こちらで、まとめてお答えする失礼をお許しください。
特に、公演後の楽屋リポートは、とても興味深く拝見
いたしました。
>クルト・マズア化してる
アハハ、あくまでも外見だけでしょうが、受けました。

さて、
>4年前は確かダフニスとクロエ組曲
おっしゃるとおりです。この時は東京での「フィデリオ」が
メインのようでしたが、それでも他の街ではマーラーや
ブラームスが演奏されただけに、札幌でも演奏してくれたら…
まったく期待はずれでした。

>3階センターの1~6列目は私にとってのベスポジ
平面図を見るとそんな感じですね。
今回は9列目ほぼ中でした。

>上下移動調整
これまでは何度も上下させているのを経験しましたが、
そういえば最近出かけた公演は、あまり移動している
感じはしませんね。

>一生のお願い
古典的手法ですが、ご参考になれば幸いです(^^)
Commented by zephyr at 2009-09-04 02:29 x
プロムスで Magdalena Kožená がデュパルクの歌曲を演ったのですが、
私には大層魅力的に感じられたので、URL欄に張っておきます。
BBCのサイトであと3日間ほどの間は聴取可能のことと存じます。
ちなみにバックをつてめているのは、コンセルトヘボウでして、
続くプログラムは因縁のダフニスとクロエ第二組曲です。(笑)
Commented by capricciosam at 2009-09-04 23:29
>zephyrさん、コメントありがとうございます。
>デュパルクの歌曲
ハイ、聴きました。
この曲自体は初耳でしたが、やはりうまいなぁ~。
あの深々とした声のなんと、素敵なことか。
プロムスの放送でまもなく聴けなくなるとは残念です。

>ダフニスとクロエ第二組曲
ヤンソンス/コンセルトヘボウらしい密度の高い演奏を堪能しました。
アンコールのドビュッシーのオケ版も初耳でしたが、なかなか素敵でした。やはり原曲が良いからなのかなぁ…
Commented by zephyr at 2009-09-06 00:42 x
押し付けがましいかとは懸念いたしましたが、満足いただけましたなら幸いです。
PMFの終盤と重なるように例年プロムスが開始され、向こう二か月間は慢性の
睡眠不足に陥らざるを得ません。 なにせ毎夜毎夜のことですからねぇ...。
全プログラム制覇目指して日々格闘し、残すところあと一週間!
ようやく解放されるような、終わるのが淋しいような不思議な心境です。

>ヤンソンスのアンコール
clair de lune は誰の編曲版なのでしょうね? 私もEdition特定できないです。
コジェナで1曲、オーケストラで2曲と彼のサービス精神には毎度頭が下がります。
翌日のプログラムでも、聴衆の心をくすぐるニクい選曲でまたアンコール2曲。
今年は下一桁が奇数年ですから、来日はバイエルン放送響とになりますけれど、
彼の人柄とアンコールに触れるべく、11月はまたサントリー・ホール詣での予定です。
Commented by capricciosam at 2009-09-06 06:43
>zephyrさん、追加コメントありがとうございます。
>全プログラム制覇
おお、凄い。
質量ともに圧倒的だから、聴き応え十分でしょう。
ラストナイトの高揚感はたまりませんね。

>来日はバイエルン放送響
以前、マゼールとともに、またPMFでも来道してくれた
ように記憶していますが、そういえば久しくあのオケのサウンドも
耳にしていませんねぇ…
と、言うか、ヤンソンス自体来道してくれていないハズ。
11月は楽しめるとよいですね。


<< 法界坊@東京浅草寺境内_平成中... 太鼓たたいて笛ふいて@東京_紀... >>