さようなら遠藤実さん

このブログでは流行歌は話題になることは
ほとんどなかったかもしれませんが、年代としてそうなのか、
それとも田舎育ちだからなのか、実は唱歌とほぼ同時か、
それより先に流行歌の洗礼を受けています。

人生に欠かせぬ音楽のいちジャンルとして流行歌があったことは
紛れもない事実ですし、中には、いまだ忘れがたい曲も数々あります。
例えば

舟木一夫さんの「高校三年生」
千昌夫さんの「星影のワルツ」

どちらも名曲。
もう永遠のスタンダードといっても過言ではないでしょう。
そして、どちらも遠藤実さんの作品。
独学らしいのですが、このメロディは心をグッとつかんで離しません。

遠藤さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by capricciosam | 2008-12-06 23:02 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 修理持ち込み おかげさまで4周年 >>