やはり風邪

風邪はひきはじめに治したつもりでしたが、
どうやら治しきらなかったようで、段々ひどくなってきました。
のどは腫れ、鼻水がとまらない…

ところで、昨日の朝は世論調査の結果にビックリしました。
麻生内閣の支持率が20%と急落。
ネットで調べたら、通信社や主要紙が同タイミングで調査していて、
揃って20%台なのに、またまたビックリ。
「もう失速寸前ってことか!?」
これだけ、景気の減速感が日々増しているのに、
なかなか効果的な施策が見えてこない苛立ちなのでしょうか。
やはり、麻生首相が就任当時に演説で大見得を切った
「スピード」が欠けていることが大きいんだろうな…
決断は政治家の役目でしょうから、ここは踏ん張りどころ。
「みぞうゆう」でも「ふしゅう」でも、何でもいいんですよ。
期待したいのは効果的な施策をいち早く、ということです。

政治家の決断と言えば、北海道滝川市長の場合はどうだろうか。
首長の決断のなさ、というか、ポストへの執着ぶりが
国庫への返還金の巨額さを前に、市職員全体を巻き込んで
混迷している。
返還ははじめから想定されていたことなのですから、
市長はきちんと見通した上で、その負担の方法について
説明すべきだったはずです。
それが、国庫への返還が決まった途端、負担しきれない分を
市職員全体で負担という話を持ち出すのでから、お粗末な話です。
この市長が居座り続ける限り、滝川市政はモヤモヤ感を払拭しきれず、
あんなごろつきの横暴を許した市政の再生にはつながらないような
気がしてなりません。

再生と言えば、ホンダのF1復活、と言いたいところですが、
過去は「休止」だったけれど、今度は「撤退」ですからね。
重みが違うからなぁ…
[PR]
by capricciosam | 2008-12-09 22:38 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 年の暮れ吉例飲み会 修理持ち込み >>