くんじられた遊び

クリスマスイブ

ですが、我が家は普通に夕食を食べて終わりです、ハイ。
もっとも、白状すると子供が小さい頃はせっせとケーキを
買っていましたね(^^)
ホント、最近は、そんなこともやらなくなってきました。

TVでは「ダーツの旅」が入っていたのですが、途中から。
相変わらずのおもしろさに思わず笑いが。
その笑いはどこからくるのでしょうか。
それは、被写体となっている人たちが繕っていないことでしょうかね。
演技以前の「自然体」で、しゃべり、行動している。
普段着の顔を素直に覗かせることで、普段、作為に満ちた
つくりものに慣れている目には新鮮に感じられる、ということなのでしょうか。

グランプリに輝いた人は漁師のようでしたが、
直売所にはなぜか「未亡人歓迎」の文字が。
ギターで「禁じられた遊び」を弾いてくれる時に、タイトルが
なまってしまい「くんじられた遊び」になってしまう(^^)
でも、ご本人はいたってまじめなんだから、そのギャップが
そこはかとないおかしみを生じさせるんですよね。

自分も田舎で生まれ育ったので、小さい頃の思い出がよみがえるようです。
ホント、田舎にはこんな愛すべきキャラの人、いるんだよなぁ…
[PR]
by capricciosam | 2008-12-24 23:35 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 今夜はまだメリクリ、なのだ。 ある開店@大通り地区 >>