今でも十分争点になるんだね

さっき地元新聞のHPを覗いたら、某首長選挙の結果が。

国政選挙は解散がのびのびになってしまったようですが、
それにしても、こんな年末に選挙というのも、ご苦労様なことです。
争点は市町村合併か、自主独立かが争われたようですが、
結果は、合併推進派の現職が再選を果たしたとのことです。

そう言えば、道内の市町村合併も特例法の期限を過ぎてからは、
あまり話題になることもなかっただけに、改めて選挙の争点に
なりうることに少々驚いたのですが、「財政」という視点でみれば、
いずこの自治体も苦しいのが改善される気配があるとは思えません
から、依然議論や検討は続いているということですね。
景気の悪化がさらなる検討促進剤として働きかねないのでは…

同じHPには、市町村合併は保健・医療・福祉に限ってみると
サービスが低下したという調査結果の記事が掲載されていました。
これは合併前からある程度予想されていたことのようにも思う
のですが、現実化してくると、やはりシビアですね。
高齢化社会を迎えて、一層地方に住みづらい社会が姿を現してきた
ような気がしています。

今日は一日中曇り空。
風もなく、時々雪が真上から降ってきたりして、穏やかな休日でした。
写真のCDを聴きながら書いてます。
夜も更けてくると、バスーンのくぐもった響きがピッタリ。
c0007388_23463675.jpg

[PR]
by capricciosam | 2008-12-28 23:21 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 落ち穂拾い 吹雪の中のスズメたち >>