ジェット風船

プロ野球の応援グッズにも球団ごとの特色があります。
日本ハムの試合もたまに行く程度ですが、まずお目にかからないのが、
阪神のゲームでおなじみの「ジェット風船」
パ・リーグでは、多分ソフトバンクぐらいなのかな。
でも、ソフトバンクの試合は残念ながら、まだ観戦したことがないんです。

今夜、ニュースを見ていたら、ドーム球場のプロ野球の試合において
ジェット風船を飛ばさないよう、自粛を呼びかけていました。
飛びながら唾液を飛ばしますからね。
新型インフルの国内感染が発見された以上、密閉空間ではやはり脅威です。

国内感染が兵庫県で発見されたという報道から
そんなに時間をおかずに患者数が28名に増えました。
「感染が想像以上に拡大するのではないか」
と、つい悪い方へ思いが働いてしまいます。
関西ではイベントの中止や自粛が相次いでいます。
死につながる危険が比較的高いらしい未知なるインフル故、
今は念には念を入れるしかないのでしょうね。

しかし、高校のスポーツ交流試合で感染が拡大したようですが、
不思議なのは海外渡航歴のない人がどうやって発症に至ったのか、
という感染ルートが依然明確でない点。
なんとも、不気味な感じ。
北海道に住むから大丈夫、なんてことはなさそうです。
どこに飛び火するかわかりゃしません。

先日用意できたマスク。
出番のないのを祈っていますが、
風邪気味なので、用心して持って歩こうと思っています。
みなさんもご自愛ください。

<追記>
当面更新のペースが落ちますが、決して中断の兆しではありません。
我が家の庭もようやく咲くべき花も咲き、緑も増えてきました。
写真はユキヤナギです。
c0007388_210494.jpg

<5.20追記>
インフルは若者を中心に依然患者数が増えています。
ただ、季節性インフルと同程度の対策でも可、とするような
動きもあるようです。
いずれにせよ、早く終息してもらいたいものです。

ところで、札幌ドームで「ジェット風船」を見なかった訳がわかりました。
実は、ある阪神ファンに教えてもらいました。
私としては、交流戦でも当然飛ばしているものと思って話していたら、
そもそも札幌ドームでは禁止されているとのこと。
実際、その人も初めて行った時に、係員から怒られた(注意された?)らしいです。
確かに、HPの「札幌ドームプロ野球開催時における諸注意事項のご案内」
の「応援に関する事項」の(4)に禁止となっていました。
道理で、これまで見なかった訳です。
でも、他のドームでは許可されているのに、どんな理由があるのだろう?
やはり、試合後の清掃が大変だからかな。


<5.24追記>
「厚生労働省は23日、国内で新型インフルエンザ感染が発生した
16日以降の1日あたりの確定事例の報告件数が20日の77件を
ピークに減少していることを明らかにした。」
(以上、北海道新聞より)

どうやら終息に向かっているようですね。
しかし、観光客や修学旅行生の減少等、関西では少なからぬ経済的影響が
あったようで、お気の毒なことです。

[PR]
by capricciosam | 2009-05-17 20:56 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by ぼくてき at 2009-05-27 23:51 x
すっかりご無沙汰していて、すみません!
新型インフルエンザ、患者さんの増え方が鈍っているし、これから梅雨に向かうし、たぶん夏までは大丈夫そうですね。

秋以降、変異して強毒性になる可能性もあると聞くと、今年の冬が恐いです。家では今年長男が高校受験なので、私は冗談で「今のうち、神戸に行って新型にかかっておけば?」なんて言っていました。

そうしたらアメリカでも、今のうちにかかっておこうという学生が「インフルエンザパーティ」を開いてるなんてテレビ番組で言っていて、どこの国でも同じようなアホ(?)なことを考える人はいるんだなあー。と思いました。(そこから弱者に広がるといけないので、絶対にやめてください!と言ってましたが(^^;))
Commented by capricciosam at 2009-05-29 23:25
>ぼくてきさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰しています(^^)
お元気ですか?

>変異して強毒性になる可能性もある
すっかり通常のインフルエンザウィルス並の扱いに落ち着いたようですが、やはり懸念されるのは、この点ですね。
やはり未知なるもの故、油断は禁物なのでしょう。
まして受験に重なったりしたら…と、想像を巡らせるのは、至極ごもっともなことで、親なればこそ、というものです。

>インフルエンザパーティ
なるほどなぁ~、理屈的にはあり得る話ですね(^^)


<< せたな町観光ポスター@2009 続いちまったよ… >>