心の目@辻井伸行さん

海外の音楽コンクールに優勝する日本人も珍しくないのだろうが、
今年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに優勝された
辻井伸行さんの例は、まさしく「快挙」の言葉がふさわしい。

帰国会見での発言から。

「1日だけ目が見える日があったら、1番見たいのは両親の顔。
だけど今は心の目で見ているので満足しています」
(以上、産経新聞から)

この発言には心にグッとくるものがありました。



この演奏が目の見えない人の手によるものとは信じがたい、
と感じるのは私一人ではないだろう。
辻井さんの大成を期待したい。
[PR]
by capricciosam | 2009-06-10 21:33 | 音楽 | Comments(0)


<< 快挙!!樫本大進さん GMと連邦破産法11条 >>