快挙!!樫本大進さん

4月の札響定期演奏会誌にはこんな記述があり、気になっていた。

「元ベルリン・フィルのコンサートマスター安永徹さんの弾き振りによる、
「札響with安永徹&市野あゆみ・ハイドン協奏曲」という演奏会です。
いまは北海道に居を構える安永さんと札響の待望の協演ですね。」

「えっ、あの安永さんが北海道に!?」

やはり世界でも一、二を競うベルリン・フィルで長年活躍された方だけに、
いまでも驚きは持続している。なにせ、作秋のミューザ川崎の公演でも
出演されていなかっただけによけい気になる? 関係ないか!?
まぁ、これは余談で、「ベルリン・フィルのコンマス」という重責を務められた方が
どんなご縁で北海道に、というのが率直なところ。

<追記6.23>
今日届いたKitara Club会報にお二人のインタビューが掲載されていましたが、
どうやら北海道に居を定められたのはマチガイナイようです。

<追記9.13>
9月3日の北海道新聞夕刊にインタビュー記事が掲載されていましたが、
現在は美瑛町郊外にお住まいのようです。


そんな時に飛び込んできた樫本大進さんのコンマス就任。
日本人コンマスとしては32歳に就任した安永さんにつぐらしいが、まだ30歳。
これまでも来道してくれていたようだが、聴くこと能わずで、
今回の就任でますます難しくなったかな。
でも、活躍の場が一段と高く、広くなるなら、こりゃまた素敵な話。
ぜひ、ご活躍を。


[PR]
by capricciosam | 2009-06-19 23:58 | 音楽 | Comments(0)


<< エゾ梅雨か!? 心の目@辻井伸行さん >>