マイケル・ティルソン・トーマス&PMFオーケストラ@PMF2009

Cプロには、マイケル・ティルソン・トーマス(以下「MTT」という。)登場。
PMF10周年に組織された修了生によるオーケストラの指揮をして以来、
彼の姿を10年ぶりで見たことになる。
あの時もマーラーを取り上げていたなぁ…

1曲目MTT/シンフォニック・ブラスのためのストリート・ソング
hr4、tp4、tb3、tub1による約17分の曲。
聴いていて、山々の連なりに木霊するような響きがおもしろかった。
Bプロで聴かれたブラスの不安定さは影を潜めている。

2曲目マーラー交響曲第5番
MTTは第一楽章から急にテンポを落とす場面がたびたびあり、
ちょっととまどい気味だったが、楽章が進むにつれ、そんな感じも薄れ、
オーソドックスな演奏に落ち着いたように感じられた。
第四楽章アダージェットも約11分。
ただ、弦楽器の響きに明瞭さが感じられないため、常に籠もったように
響いてきたのは「?」(対抗配置なのになぁ…)
20年前も、10年前も、弦楽器はもっとバリバリ鳴らす印象が残っているので、
これは加齢によるスタイルの変化ということなんでしょうね。
また、冒頭のトランペットを吹いていたのは女性でしたが、うまかったね。
そういえばホルントップも女性で、こちらもうまかった。
活躍する場面の多い管が安定していたので、終楽章まで楽しめました。

MTTは遠目にも頭には白いものが増えたことがわかり、演奏中も眼鏡をかけっぱなし。
でも、スタイルとともに颯爽とした指揮ぶりは変わらない。
もっとも、ずっと以前に感じられた一種の「けれんぶり」は、かなり鳴りを潜めた感じも。
PMFスタート時からでも20年だから、やはり歳月が経ったんだなぁ…
c0007388_23141321.jpg

<追記>
ほぼ満席。TVカメラが6台程確認できた。
放送用ならAプロ「復活」も記録しておいてほしかったなぁ…
[PR]
by capricciosam | 2009-07-25 23:14 | 音楽 | Comments(0)


<< 新生丸井今井スタートの日 重なった日程 >>