オフコースの世界@若い広場

当時、「教育テレビってすごいなぁ」と感心したのが、
この「オフコースの世界」

民放含めたTVに登場しようとしなかったオフコースだけに、
教育TVという意外性にも驚いたものだ。
いわゆる密着取材で、アルバム「OVER」の完成までを追っている。
当時VTR録画して折に触れて楽しんだが、
そのうち誤ってテープに上書きして見られなくなって久しかった。

再放送され、懐かしく観ていた。
当たり前ですが、メンバー、若い!
ホント、当たり前過ぎた感想で芸がない。

ただ、見終わった後、妙な違和感があった。
それは再放送にあたり、カットされたシーンがあったことに気づいたからだ。
当時観た人で気づいた人はいるだろうか。
こんなシーンだ。
小田和正さん、鈴木康博さんを以下「小田」、「鈴木」と略します。

スタジオでの録音が残り少なくなった頃。
スタジオで小田と鈴木の二人が並んで歌っている。
歌い終えて、小田が鈴木のところに立っていき、
再度録りなおそうとすると、鈴木が素知らぬ顔で
調整室に向かって「コーヒーをください」と言う。
小田もすかさず「じゃ、俺も」とは言うが、
自分の席に戻ると、誰に言うともなく
「時間がないんだよ…」
と、一人つぶやく。
しかし、鈴木は素知らぬふりで楽譜を見ている。

二人の当時の関係を象徴するようなシーンだったなぁ、と
今でも鮮明に覚えています。
当時、オフコース内の不協和音が囁かれており、
鈴木康博さんの事実上の脱退はまもなくのことです。
このドキュメントでもこの微妙な雰囲気はこのシーンだけです。
それだけに、今回のカットはどういう意図によるものなのでしょうか。
二人の再接近もあり!?なら嬉しいのですが…

<追記8.25>
リンクさせていただいているぼくてきさんが、この記事に対しての
アンサー記事を書いてくださいました。
ぼくてきさんがカットされていない60分版で鑑賞しなおしたところ、
記事にしたシーンは、実際は次のようなものだった、というのです。
以下、ぼくてきさんの記事から引用させていただきます。

鈴木「コーヒー下さい」
小田「俺も」
鈴木「じゃ、コーヒー二つ」
エンジニア「すいません、16チャンネルの(テープ?とかなんとか)
おかしいんで、ちょっと時間下さい」
小田「もう残された時間は決まってるんだよ。やべーな。」
コーラスにどのハモリを使うか「やってみて決めよう」という段階の場面。
小田さんの言葉は、単純に「機械の調子が悪い」ということに対して
不安に感じたコメントだと私は思いました。

どうやら、私の勘違いだったようですね。ポリポリ。
ぼくてきさん、ご指摘ありがとうございます。

ところで、勘違いをしたのは何故なんだろうか。

この記録は鈴木さんがオフコースに在籍した終盤の記録故に
当時のギクシャク感が、どこかに感じられるはずでは、
という眼差しでこの記録を観ていたことがあるのかもしれません。
鈴木さんが脱退された後に、何回か録画を観ているうちに、
それらしきシーンを見つけ出したつもりで、勝手に納得していた
のかもしれません。
俗に言う、色眼鏡というヤツですね。
しかも、60分版が手元にないまま、検証することもできずに
記憶を頼りに断定的に書く、なんてことはすべきじゃありません。反省。

[PR]
by capricciosam | 2009-08-06 07:16 | 時の移ろい | Comments(4)
Commented by ぼくてき at 2009-08-23 23:47 x
ご無沙汰しています。
お元気ですか?

>観た人で気づいた人はいるだろうか。

録画を見て、「お返事」をトラックバックさせていただきました。

>二人の再接近もあり!?なら嬉しいのですが…

本当、鈴木さんと小田さんの過去の(音楽的な)絆を考えると、いつも切ないです。お二人が元気なうち、一度でいいから、また並んで歌ってほしいです。
Commented by capricciosam at 2009-08-25 06:19
>ぼくてきさん、TB&コメントありがとうございます。
>「お返事」
確かに拝見しました。
記事にしていただき、かつ誤りをご指摘いただき、感謝です。
やはり、検証もせずに、衰えた記憶力を頼りしちゃ、いけません。
追記という形で訂正させていただきました。

>お二人が元気なうち、一度でいいから、また並んで歌ってほしい
同感です。還暦を越えたお二人ですから、残された時間は刻々と少なくなっているんでしょうね。声の衰えがこないうちに、ぜひ、と小生も思います。
Commented by ぼくてき at 2009-08-25 20:56 x
「追記」を拝見して、ちょっと慌てています(汗)。

サムディさんのご記憶違い、ということではなくて、「私には」普通に見えたというだけのことです。あのシーンから、二人の関係の微妙さを読み取る方は、サムディさんだけではないと思います。こちらこそ断定的に見える書き方で申し訳ありませんでした。

逆に、私がブログに書いた「小田さん中心」「鈴木さんが蚊帳の外」に見えるのはNHKの取材や編集の仕方のせいで、実はそんなことはなかったのかもしれません。本当のところはわかりません。

>当時のギクシャク感が、どこかに感じられるはずでは、
>という眼差しでこの記録を観ていたことがあるのかもしれません

どうしても、そういう目で見てしまいますものね。追記までしていただいて、かえって申し訳ありませんでした(汗汗)m( )m


Commented by capricciosam at 2009-08-26 07:12
>ぼくてきさん、追加コメントありがとうございます。
>二人の関係の微妙さ
脱退という事実があった以上、きっと何かがあったに違いない
と、外野がいろいろ思いめぐらすのは必定で、確かにいろいろな
見方が生じるのはしかたのないことだと思います。

一番良いのは、当の二人に、それぞれ
「あの時はどんな心境だったの?」
と訊くことなのでしょうが、これは永遠に無理でしょう(笑)し、
答えてもくれる保証はないのですから、
特段、誰にも害はないことなので、いろんな見方は、見方として
存在していいんでしょうね。

だから、どうぞ気になさらないでくださいね。
こちらこそ、貴重な反省材料を提供していただき、
感謝しております。
ぼちぼち更新ですが、またおいでくださいね。



<< 寺よ、変われ@岩波新書 若杉弘さん逝く >>