さようならマリーさん

昔流行った「金曜日の妻たちへ」を見ていたら、
ふいにP.P&Mの歌が流れてきて
「うまい使い方だなぁ~」と感心すると同時に、
改めて彼らの歌は時代を越えて素敵だなぁ、と思ったものだ。
それで、彼らのベスト盤を手に入れて、一時、BGM代わりに
聴いていたことがある。
繰り返し、繰り返し…

「反戦フォーク」という言葉に象徴されるプロテストなメッセージを
込めている曲が目立つが、マリーさんの歌声には怒りを含んだ
荒々しさはなく、むしろ静かに語りかけるような歌声には、慰めさえ感じる。

マリーさんの訃報に接し、久しぶりに聴きながらこの記事を書いている。
ずいぶん昔の歌なのに、今でも新しい。
「パフ」なんて、その典型。
数々の良い歌を残してくれて、ありがとう。

マリーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
c0007388_2214167.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-09-17 22:14 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 999人の第九・2009@Ki... 新政権スタートの日@2009 >>