999人の第九・2009@Kitara

第九は、日本では年末の風物詩。
でも私の場合は秋に第九を歌って、早くも年末気分!?

これはちょっと大げさですが、今年も歌ってきました。
指揮は札響正指揮者の高関健さん。
素人にも分かり易い指導をしてくださるのでありがたいのですが、
過去指揮していただいた時とは微妙に解釈が異なる部分もあり、少々とまどいも。
やはり、指揮者の解釈も日々進化するということなのでしょう。
(今回は歌いながら聴いていたら、なかなか良い感じでした。)

ただ、昨日のリハーサル、今日のゲネプロと、
最後の最後まで指導が入りました。
「はぁ~」
内心では、
「本番直前でこの程度の注意じゃ、今年はメロメロかなぁ…」
と不安な気持ちで臨んだ本番も、なんとか大きな傷もなく終えたようです。

わが合唱団の、ここ一番と言うときの集中力は大したものだと、
毎度のことながら感心します。
やはりベテラン揃いだからなのでしょう。
それに、70歳以上の高齢者の方が元気に歌っている姿を見ると、
まだまだ歌えるな、老け込んじゃいかんな、と反省しています。
c0007388_23364487.jpg

<追記>
ゲネプロの時。1階最奥の席には赤シャツ姿の尾高監督が…
おや、珍しいなぁ…。     
[PR]
by capricciosam | 2009-09-27 23:36 | 音楽 | Comments(0)


<< 鞆の浦判決 さようならマリーさん >>