よみがえる名演Ⅱ

秋も深まっていくばかり。
いろんな秋の楽しみ方があるのでしょうが、私は久しぶりにCD三昧。
その中で、ヘビーローテーション化しているCDが一枚。
c0007388_22574281.jpg

何かというと、4月の札響定期演奏会で聴いたエリシュカ&札響のライブ盤。
会場で聴いた時も新鮮な響きに満ちていましたが、
「まさか、CDになっても鮮度が落ちていないなんて…」
いや、驚きです。
ドヴォルザーク交響曲第7番の新たなスタンダードの誕生!!
と言っても過言ではないと思うほどの優れた出来映えです。
「迫力があるなぁ~」
あのヤナーチェクまで入っているから、なおさらよろし、です。
[PR]
by capricciosam | 2009-10-05 23:09 | 音楽 | Comments(0)


<< 違和感と軽量感 秋雨 >>