違和感と軽量感

オバマ大統領が今年度のノーベル平和賞を受賞することになった。
就任して9ヶ月。
世界平和に関しても、いまだこれといった実績があるわけではない。
では、一体どういう理由からなのか。
ノーベル賞委員会の見解は以下のようなものらしい。

「オバマ氏は米大統領として国際政治に新しい精神的風土をもたらした。
核兵器のない世界を目指すという考えと取り組みは特筆すべきだ」
(以上、産経新聞より)

世界一の核保有国のトップでありながら、訪問国の首都プラハでの
核廃絶への積極的な発言が買われたということなのだろう。
つまり、実績より期待感、ということですか。
(私自身はこの発言は画期的だと思うし、行動も期待したいと考えている。)

世界平和に果たす「政治」の役割の大きさは否定しないが、
政治こそ実績が見えてこそ評価されるべきものだろうし、
歴史の評価も必要なものではないだろうか。
例えば、かつて日本の首相が受賞した時も「何故?」という
声が多かったようだ。

確かに、委員会が説明するような受賞理由もあり得るのだろうが、
ノーベル賞の他の分野ではあり得ないことだ。
他の分野は真理追究に対する実績だけだろう。
しかも、かなり厳密に検証された挙げ句のことだろうから、
この平和賞というのは、かなりあいまいというか、
恣意的な感じがしてならない。
そのため、賞としての「重み」に欠けるような気がする。
(もちろん、マザー・テレサのように納得できる例もあるが…)

米国大統領は巨大な軍事力のトップでもあることは言うまでもない。
それはテロ等の平和を脅かす存在との戦いにも現実に行使されている。
平和を希求しつつも、一方では戦わざるを得ない。
戦いには判断のブレや遅れは致命的になることもある。
「平和賞」が、後のオバマ大統領のトップとしての判断に
微妙な手枷足枷とならなければよいが、という気持ちも抱くが、
心配のしすぎというものだろうか。
c0007388_21345476.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-10-10 20:23 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 体育の日らしく よみがえる名演Ⅱ >>