偶然なんだけれど

■ 第九に関する2題

  最近入手したCDでおもしろかったのが、ワーグナー編による
  ベートーヴェンの第九。
  オーケストラ曲をピアノ一台で演奏してしまおう、というもので、
  ピアノは小川典子が達者に弾いて、なかなかな聞き応えがある。
  しかも、第四楽章はソリストとBCJが共演して、これもさすがの
  歌声を聴かせている。しかし、BCJはうまいなぁ~。
  今朝、聴き終えて感心していたところに届いたのが、第九演奏会
  の合唱団員募集の案内。
  ありゃ、偶然にしてはできすぎ。
  仕事の都合で練習にはあまり参加できないんだけれど、
  その分、今秋の演奏会目指して、自主トレを開始せねば。
  生きとし生けるものが活性化する「春」が始まる。 
c0007388_11584682.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-03-26 12:06 | 音楽 | Comments(0)


<< 最終電車 しぶとい >>