さようなら加藤和彦さん

突然の訃報に、ただ、ただ驚くばかりです。
いくつになっても「子供ごころ」を失わないような
あの穏やかな笑顔がもう見られないのは寂しい限りです。

当時、いとこが「帰ってきたヨッパライ」のシングルレコードを持っていて、
遊びに行った時に聴いたのが、フォークルとの出会いでした。
当時の記録的セールスを極めたレコードを手にして、
サイケデリックなジャケットとおふざけ調の歌に
子供心にも妙にときめきを感じたものでした。

フォークル時代の作品の多くが北山修さんとのコンビで作られていましたが、
お二人と言えば、解散後の名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」でしょうね。


加藤和彦さんのご冥福を心からお祈りいたします。
[PR]
by capricciosam | 2009-10-17 17:45 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by i0812n at 2009-10-17 19:32
初めまして。カキコは初です。
加藤和彦さん、私もこの訃報を聞いてびっくりしましたよ。あの
すばらしい愛をもう一度という曲など、有名な曲を残して旅だっ
て行かれたわけですからね。なんかやりきれません。
grehamabi.exblog.jp
Commented by capricciosam at 2009-10-17 19:54
>i0812nさん、はじめまして。
 コメントありがとうございます。TBさせていただきます。

>びっくりしましたよ
いや~、ホントそうですね。
あの飄々として笑みを絶やさないような印象の強い
加藤さんを見ていると、なんとなく打たれ強い柳を
連想していました。
その方が自死を選択されたなんて…
いまだに信じられません。


<< 秋深し ジョナサン・ノット&バンベルク... >>