バチあたり

■ かもしれないけれど、素朴な疑問

  我が家もご多分に漏れず、ある仏教の檀家をしている。
  昨春、親とかみさんがその宗派の総本山の一大法要に参加
  してきた。法要以外にも、各地の名刹を巡ってきたらしい。
  行く先々の寺で、高僧が説教するたびに、檀家のみなさんは
  ぜひお寺をりっぱにしてもらいたい、というような事を言われ
  てきたらしい。
  「ところで、その「りっぱ」って、どいういう意味なんだ」
  「何も説明してくれなかった」
  「どういう意味なんだろうな」
  旅行中は毎晩宴会で、余興はカラオケだつた、とか。
  いっしよに行ったお寺の坊さんがマイクを握ると、おひねりは
  飛ぶは、首には万札でできたレイがかけられ、嬌声が
  とびかっていた、という。
  「まるで、座長芝居だな」
  「ほんとだよ」
  これだけ聴いて、「りっぱ」の意味がわかったような気がして
  疲れてきた。

  最近、大都会を中心に葬儀に変化があらわれてきたらしい。
  遺体の火葬以外一切の儀式をしない「直葬」と呼ぶ、形だ。
  それも、ここ数年のうちに急速に広がってきたらしい。
  そう言えば、例え葬儀をしても、親族程度でこぢんまりと
  済ませてしまう例も気が付けば多くなってきた。
  たった数日のうちに、戒名代がいくらとか、言って、うん百万
  円も負担させられてきた反動じゃないのか、と思わず勘ぐって
  しまう。宗教の一義である魂の救済をないがしろにして、生計
  のために葬祭を一義にしてしまった葬式仏教の限界がきたの
  ではないか、とも考えてしまった。
  かといって、いわゆる新興宗教も、どこか胡散臭いところが。
  「これを買えば救われる」とか言って、すごい高価なモノを
  買わせようとするのは、まるで社会問題化した商法みたいだ。
  どちらにも言えると思うんだけれど、魂の救済って、もっと素朴
  なものじゃないだろうか。
  いわゆる「金」や「形」ではないような気がするんだけれど。 
  
 
[PR]
by capricciosam | 2005-03-28 22:12 | 時の移ろい | Comments(6)
Commented by tokkey_0524zet at 2005-03-28 22:42
それだと結局「貧乏人は救われない」って事になりますもんね。こういうところにまで〝貧富の差〟があるなんて不公平ですね。
Commented by capricciosam at 2005-03-28 22:57
この世の貧富の差が、あの世での救済に影響を及ぼすなんてことを本気で言ってるとしたら、宗教の尺度がずれている、としか思えませんね。
Commented by f16fightingfalcon at 2005-04-08 07:10
うちも一応「仏教」で、さるお寺の檀家です。そのお寺とは宗派も違いますが、知人に、そう言う点でも問題意識を持ったお坊さん、いらっしゃいますよ。本来、仏教、というよりすべての宗教は葬儀のためにあるわけではなく、「よりよく生きるための知恵」だと思っていますから、お金とは関係のない世界ですね。
Commented by capricciosam at 2005-04-09 00:10
まったくそうでしょうね。しかし、私のように信仰の薄い者にでもわかるような形で、仏教の中から具体的なアクションとして見えてこないのが寂しい限りです。
Commented by ミルクココア at 2005-05-04 02:21 x
こんばんは。
はじめまして。
私が20年前、結婚式場の巫女をつとめさせていただいていた時、
人前結婚式というのが結構ありまして、
一日18組も巫女を務めていた当時、いい休憩時間になりました。

先日、主人が頼まれて友人葬のコーディネートを請け負ったのですが、
まるで披露宴の内容を決めるみたいに、数人の友人と親族で、
あれやこれやと趣向を練って、見送らせていただきました。

主人への謝礼は、ないも同然でしたが、
皆さん口をそろえていいお別れの会だったと満足してくださいました。

今後、こういう告別式は増えるでしょうね。
弔い仏教だけなら、もう要らないでしょう。

日々の生活にこそ、心のよりどころや、
安らぎのひと時が欲しいのに、
そのメンテナンスを怠ったしっぺ返しは
当然あるでしょう。

立派とは、地上4階地下2階の寺ビルを建てることではなく、
(私の実家筋のお寺です。寄付一口百万。)
朝夕のお勤めや、
折々の行事を通して、檀家さんが心を寄せあえるお寺だと思います。
Commented by capricciosam at 2005-11-23 08:01
>ミルクココアさん、コメントありがとうございます。
まず大変遅くなりましたこと、お詫びいたします。
>弔い仏教だけなら、もう要らないでしょう
いただいたコメントには何も付け加える必要はありません。宗教のなんたるか、を現代日本の仏教は真剣に考え、場合によっては獲得したものを捨てる覚悟が必要なのでしょう。将来的には儀式しか行えないものとして社会から存在する必要がないと言われかねないと思います。



<< ふ~っ 最終電車 >>