華やぐ@2009

今年も開かれた花卉市場の即売会。
雪が時折降るあいにくの天気でしたが、会場は相変わらず
色とりどりの花があふれています。
人出も昨年より増えたような混み具合でした。
この行事も年々定着してきたということなのでしょうね。
c0007388_2203815.jpg

ただ、品評会は規模も質もグッと地味な印象。
昨年もそんな感想を持ったのですが、
今年はさらに地味になったという印象を持ちました。
それにお店で売られている胡蝶蘭等の高価な鉢花の販売数が
グッと減っていました。
例年の販売数からある程度の数に絞ってあるのかな、とも思うのですが、
やはり昨今の不景気の影響と考えるのが自然なのかもしれません。

ちょっと目についたのはポインセチアへのひと工夫。
今年は葉のように見えるホウの上に文字やイラストをプリントしてある
ものが販売されていました。
いろんなアイデアがあるものだなぁ~、と感心。
c0007388_2215567.jpg

それから好例のオークションですが、相変わらずの人気。
会場に着いた時には競り台はすでに満杯。
一点も落札できなかった昨年に懲りて、私は今年は参加するつもりはなく、
会場をブラブラして楽しんでいたのですが、なんとカミサンが急遽参加。
しかも2点落札できた、というから驚き。
「やったなぁ!」
しかも格安だったので、相当お得でした(^^)
c0007388_2244965.jpg

[PR]
by capricciosam | 2009-11-28 22:20 | 時の移ろい | Comments(0)


<< オーストリア・ハンガリー・ハイ... 大学初年次教育の変化 >>