白鳥の歌

先日届いた季刊ゴーシュの特集がブラームスだった。

タイミング的にはKitara初のブラームス・チクルスを行った
ジョナサン・ノット指揮バンベルク交響楽団の演奏会が記憶に新しい。
ありゃぁ、佳演でしたね。
あれで空席が目立たなかったら、なおよしだったのですが…

そのなかに編集委員のおすすめの名盤が紹介されていたが、
なかなか渋い選曲は、さすがでした。
その内の「ドイツ・レクイエム」が石丸寛さんのラストレコーディング。
ガンを押して指揮生活45周年記念演奏会を指揮したもの。
この一年後に亡くなるとは到底考えられない凝集された気迫は
見事なものだ。
惜しむらくはサントリーホールの臨場感を録音が捉えきっていないことか。
c0007388_23251829.jpg

<追記>
タイトルが見えづらくなっていますが、BRAHMSと書いてあります。
[PR]
by capricciosam | 2009-12-12 23:44 | 音楽 | Comments(0)


<< JRシアター復活か エトロフ発緊急電@新潮文庫 >>