大胆に変えてきたPMF2010

先日発表されたPMF2010ですが、
スケジュールチラシを手にとって、ビックリです。
内容や構成を大胆に変えていて、実にチャレンジングです。

例えば、開会式がなく、いきなりオープニングコンサートです。
PMFオーケストラが登場するのも、7/18の芸森からで、
7/24・25はオペラをやって、あとは7/31のみですから、わずか4回。
これまでは、異なる指揮者で土曜日Kitara、日曜日芸森をセットとして
6回楽しめたのですが、今年は回数を減らしています。
そのうち2回はオペラ(演奏会形式)ですから、交響曲等の演奏会としては2回。
「え~っ」
それに今年は「PMFファカルティ(教授陣)」となっていて、
従来の前半ウィー・フィルメンバー、後半ベルリン・フィルや北米オケメンバー
という構成から、かなりウィー・フィルメンバーが減り、
音楽監督のファビオ・ルイジの関係する欧州オケからのメンバーが増えています。
そのため従来のウィーン・フィルメンバーだけのPMFウィーン演奏会はなく、
混成教授陣によるPMFファカルティ・リサイタルが多く設定されています。
蛇足ですが、特別支援企業からJALの名がなくなっています。
これは、やむを得ません。長年支えてくれたことに感謝です。

「かなりドラスティックに変えたなぁ‥」

まぁ、しばらくモデルチェンジしなかった車のようなもので、
目先を変えて、リフレッシュしようということなのでしょうか。
それとも、もっと教育的側面からの深い意図があるのでしょうか。
教育するという側面からは多少の定番化、マンネリ化は避けられないのでしょうが、
演奏という創造的行為にはあまり歓迎すべきことではないのでしょう。
新たな息吹がPMFに吹き込まれることになると良いですね。

とは思う反面、仕事をやりくりしてでも聴きたい、という意欲があまり湧きません。
従来のパターンに慣れすぎている保守的客層の一人としては
正直、とまどいが先行しているからなのでしょう。
さて、来月の発売開始までアレコレ迷ってみますか。
足を運ぶ回数はいつもの年よりは減るんじゃないかな‥なんとなくですが。
c0007388_23524777.jpg

<追記3.30>
PMFオーケストラの演奏会の回数ですが、ピクニックコンサートを
忘れていました。これまでが7回、今年は5回に訂正します。
従って、交響曲等の演奏会は3回です。
[PR]
by capricciosam | 2010-03-29 23:45 | 音楽 | Comments(0)


<< 行楽日和@道の駅ウトナイ湖 安永徹・市野あゆみ&Frien... >>