バチあたり②

■ とは、こんなヤツを言うのか

  京都府にある新興宗教の教祖が少女への暴行容疑で
  逮捕された。
  TVでは活動や説教の様子が繰り返し報道されていた。
  驚いたのはこんな説教の一節。
  「私を信じるというのなら、なにもかも捨ててついてきなさい。
  物質的なもの、お金も、家庭も、子供も…」
  マインドコントロールされていたら、信じちゃうんだろうな。
  捨てたものが結局、教祖に差し出されるようなシステムだった、
  としたら、それは「偽善」そのものだろう。
  こんな極端な発想を本気で口に出すやつが、魂の救済を
  しなければならない真の宗教家であるはずがない。
  しかし、報道されていることが事実なら子供達に同情を禁じ
  得ない。
  そもそも、被害者の親たちが入信したことによって、
  巻き込まれた訳だから、親には期待できることが少ないが、
  一刻も早く、この「宗教まがい」から距離を置いて、
  子供達の心の傷を癒すことが重要だ。
  しかし、こいうい事件はやりきれないものだ。  
  
   
[PR]
by capricciosam | 2005-04-08 23:59 | 時の移ろい | Comments(1)
Commented by tokkey_0524zet at 2005-04-12 21:26
不謹慎ですが容疑者の名前に笑ってしまいました。金保(きん・たもつ)・・・。


<< ポカポカ これも >>