歌舞伎座さよなら公演千秋楽

4月28日は歌舞伎座建て替え前のさよなら公演の千秋楽だった。
現在の建物でのラスト公演だけに、大勢のファンでにぎわったようだ。
ところで、正面に掲げられた垂れ幕の千秋楽の「秋」の字が違っている
のが気になっていた。

「歌舞伎で千秋楽を「千穐楽」と書くのは、小屋の火事が多かった
江戸時代、縁起をかつぎ「火」という文字を避けたからという。
秋の異体字に穐があって「亀」ならめでたいという事情もあった。
たとえば日本橋の中村座と市村座は元禄から享保年間までの
23年間に9度全焼した。何と2年半に1度の割合だ。
江戸中期を通算しても約6年に1度の割で全焼しており、
よく芝居ができたものだと思える頻度である。
これでは「火」の文字を見るのもいやになろう。」
(以上、毎日新聞より引用)

「なるほど、縁起を担いだ訳だ‥」

夜のニュースでは歌舞伎座の支配人の方へのインタビューがあった。
昭和50年代前半くらいまでは歌舞伎も赤字公演が多かったらしい。
そのため、歌舞伎座での歌舞伎以外の公演が4ヶ月はあった、という。
一年中歌舞伎の公演ばかりだと思っていただけに、これには驚いた。
そんな折り、歌舞伎人気浮上のきっかけとして取り上げられていたのが
「市川団十郎襲名披露」
c0007388_6545739.jpg

当時としては珍しい3ヶ月にわたるロングラン公演。
歌舞伎座初体験のある日、劇場の片隅で見事な様式美に圧倒されていました。
現在の海老蔵も新之助としての初舞台です。
幼いだけに口上の折には、どうしてもジッとしてられません。
となりの先代勘三郎が口上の途中で、ふいに目線を新之助に移し、
我慢するんだよ、とばかりに無言で見た絶妙な間合い。
客席も大受けでした。
今となっては亡くなられた俳優も数多く、改めて時は流れたんだなぁ、と
感慨深いものがあります。
[PR]
by capricciosam | 2010-04-29 07:12 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 昨日で良かった!?@VS西武 フロッピーの退場 >>