アマでもできた

■ 「すごいこと」

  合唱指揮者の関屋晋さんが亡くなられた。
  惜しくも実演には接したことはないのだが、あるCDとの出会い
  が、お名前を知るきっかけだった。
  小澤征爾氏がベルリン・フィルの定期演奏会で指揮した時に、
  関屋氏の率いる合唱団(なんと、アマチュア!)が参加して
  大成功を納めたのだが、そのとき実演し、録音したCDが
  オルフの「カルミナ・ブラーナ」で、私としても初のオルフ体験
  だったが、これは大いにうけた。
  出だしの「おお、フォルトナ」のノリの良さ。
  ロックコンサートにも使われるというのが、よくわかる。
  なんでも、このコンサートはベルリン・フィルにもうけたらしく、
  「いつでも戻って来て、ベルリンで演奏会をしてください。
  うちの定期でやります。」というくらい歓迎されたらしい。
  なんと画期的なことか!
  これが1988年のこと。
  それから10年後に関屋氏は「コーラスは楽しい」(岩波新書)
  という、氏の人生そのものズバリのような本をだされた。
  その第6章には「ベルリンでカルミナ・ブラーナを歌う」として、
  当時の様子が描かれている。まさしく、興奮と感激の連続だった
  ようで、氏と合唱団員にとっても忘れられない一時となったことが
  わかる。
  本文中でも触れられているが、翌年もジルヴェスター・コンサート
  によばれてベルリンを再訪しているのだが、一回目はベルリンの
  壁があったのに、翌年いったらもう壁に穴があいていたそうです。
  歴史的にも大きなターニング・ポイントのあたりでした。
  関屋氏は本の中でこうも書かれています。
  「音楽に限らず、日本の文化のあり方の問題点と思うのは、
  ごく限られた専門家というか、エリートをつくるのに熱心で、
  広がりについて無関心だということです。広がりがなくては、
  頂点の高さも本物ではない。」
 
  「合唱の楽しみ方は人それぞれ、いろいろなかたちがあるのです」
  いまさらながらですが、私も肩肘張らずに楽しんでみたいと考え
  ます、それが少しでも「広がり」につながると信じてですが。
c0007388_23153099.jpg

[PR]
by capricciosam | 2005-04-11 22:23 | 音楽 | Comments(5)
Commented by yurikamome122 at 2005-04-13 08:47
TBありがとうございます。日本人の合唱好きは世界的にも例を見ないそうですが、しかしそれを外国まで連れて行ってしまうあたりはすごいですね。こういう例で言えば、小澤にとってはBSOのタングルウッド祝祭合唱団のことを念頭においているのではないでしょうか。声質が違うので一概に比較をできませんけど、個人的には晋友会のほうが私は好みですけど。欲目ですかね。今後ともよろしくです。
Commented by 港北深夜便 at 2005-04-13 09:25 x
はじめまして、TBありがとうございました。
山の裾を広げるということは、自分でもすべきことであるというcapricciosamさんのコンクルージョンには、はっとさせられました。日常の喧騒にかまけて忘れかけていたことを思い出させていただきました。ありがとうございます。
Commented by みー太 at 2005-04-14 00:23 x
はじめまして
TBありがとうございました。私は関屋先生との思い出もあり、この突然の訃報に言葉を失いました。これからも、宜しくお願いします。
Commented by f16fightingfalcon at 2005-04-17 23:15
こんばんわ。
>ごく限られた専門家というか、エリートをつくるのに熱心で、
>広がりについて無関心だということです。広がりがなくては、
>頂点の高さも本物ではない。
全くその通りですね。どの分野でも、何故かビギナーや底辺を支える愛好家には本質的ではないところで厳しいことが多いですね。何を始めるにしても誰でも最初はビギナーなんですから、遠慮することはないんですけどね。
武満徹「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」(Philips PHCP-5133)を聞きつつ、関屋晋さんご冥福をお祈りしています。
Commented by capricciosam at 2005-04-18 23:46
>yurikamome122様 小生もその○○好きの一人かもしれません。
 こちらこそよろしくお願いいたします。
>港北深夜便様 ほんのささやかな行為なので、かえって恐縮です。
>みー太様  ほんとに突然でしたね。
  こちらこそよろしくお願いいたします。
> f16fightingfalcon様 いつもありがとうございます。だれでも最初   はビキナーなんだということは上達するほど忘れちゃうんでしょうね。


<< 息吹② 息吹 >>