予言的中!?

一体、どうしたんでしょうね、この暑さ。
道外の方には「甘い」と喝を入れられるかもしれませんが、
やはり生粋の道産子のせいか、どうも暑いのはいけません。
昨日の日曜日は家中の窓という窓を開けても、
無風のため室内には「そよ」とも風が吹き渡っていきません。
じっとしていても汗が噴き出てきます。
なるべく省エネ的動作で過ごしましたが、
エアコンもなく、出かける予定もない身には、大変な休日でした。

さて、明日はパラグアイ戦ですね。
韓国もウルグアイに敗退したので、アジア勢としては
なんとしても勝ち抜いてベスト8に進出してもらいたいところです。
そんな折、こんな記事を目にしました。

大会前に行われた日本代表応援イベントで、
予想を2勝1敗とズバリ的中。
さらにスコアまで完璧に当て話題に。
(以上、オリコンより引用)

「おっ、凄~い」
偶然にしても、ルールも知らない女性モデルの方だけに
実に奇跡的な話です。
それで、その方によれば、対パラグアイ戦の行方ですが、
「2対1」で日本の勝ちだそうです。ムフフ。
「根拠はない」んだそうですが、
勢い、という奴ですか、エエ。
この予想、またまた的中するといいなぁ~。

<追記6.30>
寝不足はこたえる歳となったので、翌朝の結果頼み。
朝一に新聞の見出しを見たら、
PK戦の末の惜敗、との文字が躍っている。
一気に力が抜けていく。
「そっかぁ‥」
その次に浮かぶのは、大方の感想と同じでしょうが、
「惜しかったなぁ~」
0-0ですからねぇ。未練が残っちゃいます。
とは言っても、ピッチで戦った選手にとっては応援していた国民以上でしょう。
でも、健闘の結果、日本サッカーW杯の新たな歴史を築いたことは疑いなし。
胸を張って帰国してもらいたい。
しかし、PKをハズした駒野が心配。
早く顔を上げて、4年後を目指してもらいたいものです。

最後に、期待されながらほぼ出番のなかった中村俊輔選手の言葉から。

「大会前に言ったと思うけど、チームが勝てばそれがすべて。
(ベンチで周りに声をかけたりしたのも)チームが勝てばいいから。
これもいい経験じゃないですか。大会が始まる前に(スタメンを)外されて、
(将来)自分が教える立場になったとき、そういう経験が生きてくると思う。
(人生に)無駄な時間はないから。いいんじゃないですか、これもサッカー人生だから」
(以上、スポーツナビより引用)


<追記7.1>
帰国した会見での駒野選手のコメントから。

「仲間の励ましの言葉で帰ってくることができた」
「負けは負け。しっかり自分の心に刻みたい」
「もし同じような場面があれば、迷わずけりたい」
(以上、毎日新聞より引用)

ファイトだぁ!駒野!!

[PR]
by capricciosam | 2010-06-28 22:35 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 行楽日和@サッポロビール北海道工場 夏らしい >>