パウルの予言&バスコの予言

相変わらず蒸し暑い日々が続いています。
今朝はどんよりした天気で、どうやらひと雨来そうな雰囲気です。

さて、W杯も大詰めですが、決勝はオランダVSスペイン。
どちらも強豪だけに勝負の行方は予断を許さないのでしょうが、
今や予言する一匹のタコが話題ですね。
(あれ、タコは一杯、二杯‥と数えるんだったかな?)
準決勝でドイツの敗戦を予言して的中させた時は、
「シーフードサラダかパエリアに入れて食っちまえ!!」
と非難囂々だったようですが‥

「的中し過ぎる」と世界的な話題を呼んでいるパウル君。
地元テレビが実況中継する中、まず10日に行われる
ドイツ対ウルグアイの3位決定戦を予測。
ためらいながらもドイツ国旗の付いた水槽内の容器を選んで
中にあった好物の貝を食べると、アナウンサーは「ドイツが勝つ」と絶叫した。
約30分の休憩後に11日のオランダ対スペインの決勝戦を予測し、
迷わずスペインを選んだ。
(以上、北海道新聞より引用)
c0007388_734567.jpg

テレビの実況中継ですか、まあ、これまで百発百中なので
その注目ぶりはわからないでもないですね。
タコの寿命は3歳なので、現在2歳のパウル君の予言も
4年後のW杯には見られないそうです。
残念ですね。

さて、国内に目を転じると予言するガマガエルなる記事が。

「おーっ、こんなのもあったのかー」

バスコ君(推定5歳)が住むのは千葉県浦安。

草木も眠る丑三つ時の9日午前2時、某マンションの中庭に現れたところで、
(略)スペインの「西」、オランダの「蘭」と書かれた紙を選んでもらう方法で予想。
リハーサルを含めた3度のチャレンジすべてでスペインを選んだ。
(以上、日刊スポーツより引用)

ガマガエルはアジアでは「月」の象徴で、神秘的な力を有するとされているそうです。
そんなバスコ君が選んだのもスペインですか。
偶然なのでしょうが、洋の東西で結果が一致するとは。
準優勝どまりのオランダの悲願は達成されないのかな‥

さて、本番はどうなるんでしょうか。

<7.11追記>
3位はドイツに決まり!
パウル君の快進撃は続く。
果たして優勝は!?


<7.12追記>
予言的中!!
これからも、ますます引っ張りダコ!?

[PR]
by capricciosam | 2010-07-10 07:13 | 時の移ろい | Comments(6)
Commented by 与作の女房 at 2010-07-12 11:52 x
こんにちは パウル君にはこの後どんな人生が待っているのでしょうか、日本の政治のゆくえ同様気になります。さて、PMFのシーズンになりましたがおでかけにはなるのでしょうか?私は昨日の野外コンサートに行ってきました。都会の喧騒のなか、音質などは望むべくも無いけれど、メンバーの半分はウイーンフィル、ピチカートポルカでは、クラリネットのペーターさんがトライアングルを茶目っ気たっぷりに「初めて」演奏されたり。リラックスムードながら正当の演目と音色のゆたかさ。(十一月のお高いチケットを買ってしまったので)コンサート自粛中の身には目にも耳にも楽しいひとときでした 
Commented by capricciosam at 2010-07-12 22:42
>与作の女房 さん、コメントありがとうございます。

>パウル君にはこの後どんな人生が待っているのでしょうか
そうそう、気になります。
それにしても偶然にしても的中率抜群でしたね。

>PMFのシーズン
今のところチケットを抑えた公演は一回分だけです。
以前の記事にも書きましたが、例年に比べ足を運ぼうという意欲が
いまだに湧いてきません。今でもプログラムを見ては逡巡しています。ひとつにはプログラミング構成の変化と、もうひとつはどうも仕事での余裕のなさのようです。
オープニングコンサートはたいそう充実していたようなので、行きたい気持ちは十分あるのですが‥

>昨日の野外コンサート
私は未体験ですが、楽しまれたご様子で、良かったですね。
>正当の演目と音色のゆたかさ
そうでしょうね、なんともぜいたくで素敵なことか。
Commented by 与作の女房 at 2010-07-13 21:09 x
プログラミング構成の変化とはどのような事ですか?お聞かせいただければ嬉しいです  我が家は仕事に私生活に追いまくられる日々です オランダやドイツがうらやましいです!
Commented by capricciosam at 2010-07-13 23:14
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
>プログラミング構成の変化
PMF全体の指導体制やコンサートの内容等が
昨年までのスタイルから大幅に変更してきた、
というつもりで使ったのですが、少々説明不足でした。
3.29の記事をご覧いただければ、そのあたりの感想を
もう少し詳しく書いてありますので、ご覧いただければ
幸いです。
Commented by 与作の女房 at 2010-07-15 21:26 x
読ませていただきました 「ウイーンカルテット」って何処に行っちゃったの?と疑問だったのですが何となく理解できました。 ご丁寧にありがとうございました。  
Commented by capricciosam at 2010-07-15 22:04
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
>ウイーンカルテット
PMFウィーンのことですね。やはり、指導陣にウィーンフィル
メンバーが減ったことが響いていますね。
もっとも、他のメンバーも世界の中ではそれなりの
ポジションのオケに在籍する方々ですから、
そんなに悪かろうハズはないのですが‥
やはり、あれはPMFならではの醍醐味でした。


<< 1208万分の1です 行楽日和@サッポロビール北海道工場 >>