猛暑日だった

「道内は6日、南から張り出した高気圧に覆われて、
気温35度以上となる「猛暑日」を北見や帯広など
19カ所の観測点で記録。
12カ所で観測史上最高の暑さとなった。」
(以上、北海道新聞より引用)

お暑うございました(フーッ)。

夜TVを観ていたら、道内のエアコン普及率は15.8%なんだそうです。
我が家はエアコンはもちろん、扇風機もありません。
もっぱら団扇です。
全国でも最低の普及率なんだそうですが、北海道の過去の夏は
エアコンなしでもなんとか夏を過ごせる程度の暑さだったということ
なんでしょうね。
第一湿度が低いから、カラッとした暑さなら少しは耐えられます。
しかし、こんなひどい酷暑が毎夏出現するようになると、
X年後には北海道でも エアコンの普及率は高くなるのかもしれません。
この夏の酷暑の出現には偏西風の蛇行が関係しているようですが、
地球温暖化による気象の変化を想像してしまうのは小生だけでは
ないでしょうね。

依然窓を開けても、少し汗をかいてしまうくらい熱気が室内に残っています。
それで写真のCDを聴きながらこの記事を書いています。
ボサノヴァは夏の定番ですね。
c0007388_2246648.jpg

[PR]
by capricciosam | 2010-08-06 22:46 | 時の移ろい | Comments(0)


<< どちらを応援!?@VS楽天2010 新作映画紹介@11PM >>