遠ざかる昭和

昨日の好天から一転して、今朝から厚い雲が空を覆っている。
夕方にはとうとう降り出した。
まったく、秋の空は油断がならない。

たまった古新聞を整理していたら、改めて訃報が目に飛び込んできた。
先日亡くなった池内淳子さんといえば、
日曜劇場の「女と味噌汁」が思い出される。
芸者のてまり姐さん、である。
目つきの色っぽさとしっかり者が同居したキャラクターは
子供心にも魅力的だったなぁ。
そう言えば、日曜劇場は東芝提供でした。

「光る 光る 東芝
 走る 走る 東芝‥」

こんなCMソングを流していたと思いますが、家電メーカーの
一社提供番組としては松下電器(現パナソニック)の時代劇枠も有名でした。

「明るいナショナル 家中 みんな なんでもナショナル」

このCMソングも、昭和という高度成長期に白物家電中心に
日本の家庭を席捲していた国内メーカーの「勢い」や「意気込み」を
感じさせるものですね。
今じゃ白物家電では中国メーカーが世界一らしいですから、
隔世の感があります。
改革開放政策の成果なのでしょうが、表面の経済的繁栄に目を奪われて、
政治も民主主義の友好国と錯覚してしまいそうです。
しかし、googleの撤退に見られるようにネット検索も自由にできない
一党独裁体制の政治が厳然と存在し、着実に大国化していることを
改めて思い知らされたのが、先の尖閣諸島での中国漁船拿捕事件。
巡視船のビデオも公開されていない段階では、
真相はどこにあるのか未だよくわからないのですが、
表面上は日本外交の敗北にしか見えず残念なことです。
外交はカードの切り合いですから、強いカードを切ったほうが勝ち。
これから対中外交で日本が強いカードを切っていくことが
果たして可能なのでしょうか。
いささか不安なところです。

もう一人は、トニー・カーチスさん。
印象深いのは映画よりもTVの「ダンディ2華麗な冒険」。
実はタイトルも覚えていなかったのですが、とにかくおもしろかった。
これは、ご本人の演技というよりは、故広川太一郎さんの
破天荒な吹き替えのお陰でしょうか。
「いいんでないかい!?」
「~ちゃったりなんかして」
文字では、あのおもしろさは伝わらないとは思うのですが、
今でも駄洒落を交えたあの声が脳裏によみがえります。
吹き替えも一般的には台本どおりに演じるのが原則なのでしょうが、
広川さんは、かなりアドリブを入れて楽しませてくれたようです。
ところで、同じアドリブでも検察が証拠をでっち上げて犯人に仕立て上げる
というアドリブは言語同断なことで、捜査の原則を大きく逸脱する
こんなアドリブはごめんです。
しかし、若手検事が証拠ねつ造に泣いて抗議したという話がある
ようですから、組織的立ち直りを期待したいところです。

谷啓さんといい、昭和に活躍した人が次第に鬼籍に入られる。
時は着実に流れているだけと考えればそれまでなのですが、
感傷的になるのは歳だから?
それとも、秋だから?

この記事を書きながら聴いているCDはザ・ビートルズ。
BBC放送での1963~1965年のライブを集めたモノラル盤です。
1964年は東京オリンピックの年。
まさしく昭和!
c0007388_22325827.jpg

[PR]
by capricciosam | 2010-10-03 22:33 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 道産子初のノーベル賞受賞 オータムフェスト2010@さっ... >>