甘い囁き

明日から11月。
しかし、今月も更新が少ないなぁ~
「きっとtwitterでも始めて、そっちは頻繁に更新しているのでは?」
なんてことをお考えの方もいるかもしれませんが、未だやってません。
決して興味がないわけではないのですが、それほど器用ではないしなぁ‥

さて、プロ野球ですが、日本シリーズの中継が一部の試合しかないという
異例の展開ですが、とりあえず1勝1敗。
しかし、先日のドラフト会議の結果には、びっくり。
まさか、ハンカチ王子との交渉権を日本ハムが引き当てるとは!?
藤井球団社長に、あっぱれ!
この件に関しての、本人の正式会見は早慶戦が終わってからしいですが、
これも「縁」と考え、津軽海峡を渡ってくれたら嬉しいのですが。

ところで、野沢那智さんの訃報は少々ショックでした。
当時、受験勉強の友は深夜放送。
懐かしいパーソナリティーは数々あれど、
白石冬美さんとの「ナッチャコパック」は忘れられないもののひとつ。
お二人の絶妙な掛け合いに、しばし手が止まり、聴入ること度々。
惜しまれつつ、番組は終了したようですが、わかるなぁ~。

それから野沢さんと言えば、声優としても有名。
すぐ思い浮かぶのが、アラン・ドロン。
最近は、ブルース・ウィリス。
変わったところでC3-PO。

アラン・ドロンの地声は、野沢さんとは似ても似つかぬ声。
アラン・ドロンが日本でこんなに有名になった一因は、
野沢さんが彼のアテレコを担当したから、という意見もあるようです。
それから、アラン・ドロンがでてきたので、
ダリダのコンビでヒットしたParole Parole「甘い囁き」を。
男女の睦言をこれだけ聴かせるんですから、大したものです。
YouTubeを探してみると、いろいろありました。
まずは、イタリア語のオリジナルで。

フランス語でカバーしたのがダリダとアラン・ドロンでした。
ダリダとの共演は声だけなので、ドロン本人が写っている
セリーヌ・ディオンとの共演版を。
ちょっと老けてますが、相変わらず色男が似合います。

この作品は日本でもいろいろな組み合わせでカバーされたようですが、
やはり、ここは野沢那智さんと金井克子さんの組み合わせで。
動画ではないので、野沢さんの声というか、語りに注目です。

野沢那智さんのご冥福をお祈りいたします。
またひとつ、小生の中の「昭和」が遠ざかったなぁ‥

<追記11.14>
野沢那智さんと金井克子さんの音源が取り消されてしまったようです。
また、どなたかアップしていただけないものか、と期待して、当分そのままに。
ついでに、細川俊之&中村晃子版をご紹介しておきます。
当時はこちらの方が売れたようですが、今聞いてみると、
小生には甘すぎて、思わず笑っちゃたりなんかするのですが‥

[PR]
by capricciosam | 2010-10-31 23:40 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by 与作の女房 at 2010-11-27 18:59 x
那智チャ子パックの最終回、聞いていました。『それでも僕らはパックが聞きたい!」って、スタジオに詰めかけたファンが叫んでいました。おたく第1世代の私、雑音の中聴いていました・・・道新に白石さんの記事が載っていましたが、胸がいっぱいになりました
Commented by capricciosam at 2010-11-27 23:17
>与作の女房さん、引き続きのコメントありがとうございます。
>最終回、聞いていました
おお~、そうだったんですか。
いまでも、お二人の掛け合いが脳裏に蘇ります。
深夜に心に寄り添うかのような気持ちにさせてくれる
希有なお二人でした。
ファンが騒いだというのも頷けるエピソードです。


<< 中島みゆきTOUR2010@札... 今夜はTWEET IT >>