札響名曲シリーズVol.3@Kitara2010

一曲数分からせいぜい10数分くらいの長さのチエコとロシアの
名曲ばかり集めた、まさしく「名曲」コンサート。

1曲目スメタナ/歌劇「売られた花嫁」より3つの舞曲
2曲目ムソルグスキー/交響詩「はげ山の一夜」(R・コルサコフ編)
3曲目R・コルサコフ/スペイン奇想曲
4曲目ドヴォルザーク/スラブ舞曲集より
   第一番、第三番、第五番、第十番、第十五番
5曲目ポロディン/「だったん人の踊り」
アンコールはフチーク/行進曲「剣士の入場」

半年ぶりに見るエリシュカさんはお元気そうで何より。
指揮ぶりも相変わらずきびきびとしていて、札響から引き出す音楽も
メリハリが効いている。
ホント、この人が振ると札響の音がガラッと変わるんだから驚く。

スメタナでにぎにぎしく始まったが、2曲目では鳴らすべきところは鳴らし、
整えるべきところは整えて、この手垢のついた曲に新鮮な光をあてる。
さらに、3曲目はコンマスに始まって各パートの首席奏者のソロがたっぷりとあり、
聴き応えのある曲なのだが、みなさんの健闘もあり、
十分楽しませてもらいました。
4曲目は連続で聴いてみると、ひとつの完結したまとまりに聞えたから
不思議なもんです。
この曲もひとつひとつが魅力的。特に第10番なんて最高でした。
5曲目はライブで感動した体験があるだけに、少々ハードルが高くなるけれど、
まずは無難に仕上げてありました。
ほぼ満席となった会場の盛大な拍手に応えたアンコール曲は
「あ~、聴いたことある、ある。」
という曲だったのですが、CDは所有しておらず。これは残念。
c0007388_2244755.jpg

[PR]
by capricciosam | 2010-11-27 22:05 | 音楽 | Comments(4)
Commented by 与作の女房 at 2010-11-28 19:35 x
エリュシカさん、テレビで見て、キタラで聴いて、大好きです。今回行けませんでしたが・・・さて、オスカル様。  ハイ、かっこいいなんてレベルではありませんでした、卒倒しそうでした・・・何度も髪をかき上げていたので、邪魔そうだなとか指揮台から落ちないかしらとかラトビア響は女性が多いとか余分なことばかり考えていました(笑)
 ステージに近い席でしたので、弱音がよく聞こえました。チェロの詩情、さざなみのようなバイオリンのトレモロ。いつしか西本さんもラト響も意識から消えて、音楽に魅了されていました。アンコールはくるみ割り人形より、花のワルツ。クリスマスシーズン到来です!
Commented by capricciosam at 2010-12-01 06:46
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
>卒倒しそうでした
お~、凄い(笑)
異性の目から見てもカッコイイです。
それでいて音楽に没入する様が、また良い。
言うことなしですね。

>意識から消えて、音楽に魅了されていました
こういう体験は得難いですね。

>花のワルツ
アンコールにうってつけでしたね。
Commented by 与作の女房 at 2010-12-01 22:02 x
実は、自分の反応が信じられず(まさかここまで)一昼夜悶々としていました。のぼせ上がって音楽ちゃんと聞けてないんじゃないかって・・・やっとおちつきました ありがとうございました ラトビア響のコンマス、良かったです
Commented by capricciosam at 2010-12-02 07:01
>与作の女房さん、引き続きのコメントありがとうございます。
>自分の反応が信じられず
音楽に聴入ってしまうことは体験しないと
なかなか信じられないことです。
まさしく、聴いてはいるのですが、
「魅入っていた」状態だったのでしょうね。


<< 季刊ゴーシュの休刊 ジュリアーノ・カルミニョーラ&... >>