季刊ゴーシュの休刊

先日は地震で目が醒め、昨日は強風雨の大荒れの天気。
12月になったというのに、自然は冬まっしぐらでもなく、
なにかと寄り道して賑々しいですね。
それにしても暖かい。
まあ、来週は雪マークが多くなったので、いよいよなんでしょうが‥
c0007388_2172769.jpg

さて、季刊ゴーシュの24号が先日届きました。
前号に休刊の知らせが載ったことから覚悟はしていたものの、
いざ休刊前の最終号を手にすると、やはり寂しさが募ります。
すぐ目を通したのですが、いつにも増して記事や批評が充実していた
ように感じたのは、小生の惜別のあまりの感情がそうさせたのでしょうか。

2005年に創刊されて、年4回のペースで発行されてきましたが、
足を運んだ演奏会の感想をブログで記す身としては、
身近な道内のクラシック演奏会での批評が掲載されて、
多様な見方、聴き方を楽しみつつ、刺激を受けてきました。
それが、これから楽しめなくなるのは、やはり、残念。

「ご承知のとおり、ゴーシュはいわゆる商業誌ではありません。
主に北海道の音楽、芸術文化、メディアなどに携わる者たちが
同志・個人の立場で結束して「編集委員会」を組織し共同運営
している非営利の活動です。企画、取材、執筆、編集、発送、
そして定期購読者管理と普及など業務全般をすべて自前の努力で
行ってきました。こうした活動に皆様から今も変わらぬ強固なご支持を
頂いておりますが、この1年、専従スタッフによる商業誌でないがゆえに
自主活動の諸環境が整わなくなりました。」
(以上、季刊ゴーシュのHPに掲載された編集委員会の言葉から引用)

そういう事情ならば、これは受容せざるを得ないところです。
何よりも6年の長きにわたり発行にご努力された編集委員会の皆さんに
愛読者の一人として「拍手」と「ブラボー」を送りたいと思います。
お疲れ様でした。

蛇足ですが、年末にはゴーシュ好例のアンケートがありました。
「読者が選ぶベストコンサート」というものです。
ほぼ毎年投稿していたのですが、もうアンケート用紙も
同封されていません(当たり前ですが)ので、緊急企画で
「ひとりの読者が選ぶベストコンサート」をやってみます。
今年も先月を除けば、それほど足を運んではいないのですが、
まあ、なんとかベスト3くらいは選べるでしょう。

第一位 ジュリアーノ・カルミニョーラ&ヴェニス・バロック・オーケストラ
古楽という言葉のイメージをひっくり返す驚天動地の演奏。興奮。

第二位 今井信子ヴィオラリサイタル(ピアノ:伊藤恵)
名手お二人による絶妙な掛け合いに室内楽の醍醐味を満喫。

第三位 ファビオ・ルイジ&PMFオーケストラ
あのブルックナーはプロオケに匹敵する。聴き応え十分。

第三位 エリシュカ&札響第528回定期演奏会
好例のチェコ音楽シリーズ。両者の息もますますピッタリ。
[PR]
by capricciosam | 2010-12-04 22:25 | 音楽 | Comments(0)


<< おかげさまで6周年 札響名曲シリーズVol.3@K... >>