再会はユニフォーム姿で

ヤフー掲示板を利用した不正受験は、京大だけでなく、
立教大、同志社大、早稲田大と広がりを見せて、
今日京大が警察に被害届けを提出したことで、刑事事件に発展。

いくら時代が変わったと言っても、試験にズルはマズイでしょう。
たかが試験とはいえ、受験者は平等の扱いと、それに見合う正直な対応が
求められない、とでもいうのだろうか。
まして、受験者にとって後々大きな意義を持ちかねない入試においておや、だ。
是非を論ずるまでもなく、これを認めるつもりはない。

それにしても、一体どうやって、まんまとやりおおせたのか。
こと方法については、老化した頭では、正直「?」だらけ。
そのうちハンドルネーム「aicezuki」の身元は突き止められるのだろうが、
その手口を含めた全体像は知りたいと思う。

ところで、27日は名護で対楽天の試合が行われました。

「エスコート役はダルビッシュだった。斎藤はエースに連れられ、
 サブグラウンドからメーン球場へ急ぐ。まずは楽天・星野監督にあいさつ。
 (略)その後、外野のセンター付近へ移動し、練習中の田中とガッチリ握手を
 交わした。プライベートでは昨年末に会っているが、ユニホーム姿では
 高3だった2006年10月の兵庫国体以来の対面だ。
 最初は3人で談笑していたが、ダルビッシュが引いて
 約1分間のツーショットが実現。笑顔の再会だった。」
 (以上、サンスポより引用)
c0007388_2115960.jpg

とうとう、このシーンが実現しました。
気分的にはどちらも応援している身としては、感慨も一入です。
二人がともに成長して、プロ野球を盛り上げていってもらいたいものです。

ちなみに、

 「年に2回は(田中と斎藤の登板を)当てるというのをマニフェストにしよう」
(以上、スポニチより引用)

との星野監督の発言ですが、このマニフェストは信じていいのかな!?
と、言うより、信じたいな~(キッパリ!)
[PR]
by capricciosam | 2011-02-28 21:37 | 時の移ろい | Comments(0)


<< オープン戦参上@VS巨人・オープン戦 ちゃんと学んでいる@VSロッテ... >>