オープン戦参上@VS巨人・オープン戦

いやはや、大荒れの天気に見舞われ、とんだひなまつりの日となった
札幌ですが、やはり、3月の陽射しは強い。
晴れると、ぐんぐん雪が溶けていきます。
ただし、お陰で水たまりが出来たりして、歩きづらいので最悪のコンデション。
今日も、晴れ間ののぞく暖かい休日でした。

そんな一日でしたが、急遽、札幌ドームへ行ってきました。
ドームへ足を運ぶのは、これまでなら、せいぜい開幕してからの4月からです。
というのも、3月はやはり勝敗にあまりこだわらない調整中の時期なので
レギュラーシーズン程の迫力がないことと、3月では防寒着がある分、
手荷物が増えて、少々うっとうしいことが理由でした。
しかし、こと今シーズンは違います。
やはり、なんと言っても「佑ちゃん」です。
彼がオープン戦で投げるスケジュールがわかってからは、
もう気になってしょうがありませんでした。

「開幕してからは、なかなかみられないかもな‥」

一応、マー君との対戦はなんとか観たいとは思ったものの、
これとていつのことやらで、気になることは、長引くより
さっさと行動に移したほうが精神衛生上、良いに決まっています。
ということで、初のオープン戦でした。

期待の佑ちゃんはウルフ、植村に次いで、3番手として
6回から3イニングを投げました。
やはり、場内からは盛大な拍手と多数のフラッシュが。
フラッシュは佑ちゃんが投げても続くので、
場内アナウンスが注意をして、ようやく止みました。

今日の最速は144kmで、外角低めをつく直球もありましたが、
主体は直球より、変化球でした。
なにやら、いろんな球を試しているようでしたね。
また、投げるスタイルも、印象深い極端に左足を曲げるフォームではなく、
曲げ方を浅くしたスタイルに移りつつあるようで、
テンポよく投げているのが印象的でした。
結果は、打者11人に許した安打2本で無失点。
オープン戦とはいえ、プロ初勝利。

相手が調整中の巨人とはいえ、対戦したのが脇谷、長野、松本、坂本、
ラミレス、小笠原、阿部、高橋、ライアル、脇谷、長野ですから、
相手にとって不足なし。りっぱなものです。
これからの佑ちゃんの登板予定は3月13日対横浜、3月20日対阪神らしい
のですが、「開幕一軍」実現に向かって順調にいってもらいたいものです。
c0007388_22105792.jpg

<蛇足>
写真は佑ちゃんが肩ならしをしているところですが、
誰なのかわからない、って声が聞えてくるようです。
残念ながら、我が携帯ではこれが限界(泣)
観客は2.8万人。
小生の予想を下回る。
対巨人戦でもこれだけか!?という気分でした。
公式戦と違って、グッチーさんの場内アナウンスはなく、
5回裏終了後のYMCAもファイターズガールは登場せず、BBのみ。
「オープン戦って、こういう感じなんだなぁ‥」
[PR]
by capricciosam | 2011-03-06 22:14 | みて楽しむ | Comments(2)
Commented by 与作の女房 at 2011-03-07 23:58 x
行ったんですねえ その身軽さはなに?いつも思っています。臨場感いっぱいのレポートありがとうございます。
ところでN響アワーのチョンミョンフン指揮の演奏はご覧になりましたか?音は素晴らしくキレイでしたが苦しくて録画は消してしまいました。
Commented by capricciosam at 2011-03-09 07:10
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
>行ったんですねえ 
たまたま休日で何も予定がなかった、というのが
正直なところです、ハイ。
これで気分的には気にならなくなりましたので、
当分足を運ばずにTV観戦が主となりますね。

>チョンミョンフン指揮の演奏
あいにく観ておりません。
なにやらすごそうな演奏だったようですね。残念。


<< 東北地方太平洋沖地震が発生 再会はユニフォーム姿で >>