風向きが気になる

報道も当初の被災者救援に向けられていた関心が、最近は原発優先になっている。
なにしろ、福島原発のコントロールがうまくいかないまま時間ばかり経過している。
1号機、3号機、2号機に続き、地震が発生していた時停止していた4号機まで
建屋の破損が始まり、おまけに少し離れた5号機、6号機の燃料プールの
温度も上昇しているとのこと。
福島第一原子力発電所にある炉全体が損傷しかねないのかと不安になる。

「米科学者団体「憂慮する科学者連盟」は15日、福島原発事故による
 放射性物質が東京まで達する可能性があるとの見解を明らかにした。
 一段の放射性物質が数百マイル先まで到達する可能性があると指摘した。
 また、福島原発での事故対応作業が一段と困難になることを「非常に
 懸念している」とした。」
(以上、ロイター通信3.15記事より引用)

その科学者団体がどの程度のものかわからないが、
外国のメディアの見方は、率直にかつ悲観的に捉えている。
放射性物質は大気中を飛散する訳だから、
このまま炉心の暴走を食い止めることができないと、
風向きによっては日本中が身構えざるを得ない訳だ。
とりあえず、人体への影響ぐらいは把握しておくことにしたい。
c0007388_77040.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-03-16 07:08 | 時の移ろい | Comments(4)
Commented by 与作の女房 at 2011-03-16 21:05 x
こんばんわ 今夜もこうしてネットできることの有難さ。現状は電力会社の方が「最悪の場合でも」と語ってきた防護壁が次々と打ち破られているように見えます。20キロ圏内の介護施設に70人以上のお年寄りと数名の職員が残っている(受け入れ先が無い)という報道を聞いてわが身がギリギリと締め付けられるような気がしました。人体への影響。「直ちに影響が出る数値ではない」・・・何度このコトバを聞いたことか。では、長期的には
Commented by capricciosam at 2011-03-17 06:25
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
>ネットできることの有難さ
同感です。孤立したり、寒さに震える被災者の身になったら
日々の暮らしが継続していることが、どんなに幸いなことか。

>受け入れ先が無い
信じがたい思いです。近隣の県で臨時や仮設でも
受け入れることができないものか。

>長期的
どの程度の濃度の放射線量が、どのくらいの範囲で
放出されるかによりけりなのでしょうが、
影響がでないことを祈りたいです。
Commented by 与作の女房 at 2011-03-17 23:47 x
こんばんわ。本日の「びっくり」。福島原発の設計者は、「アメリカの設計をコピーした」「津波の影響については計算されていない」とかたったとか。広瀬氏の著書にある「研究者が否定的なことを言えない」電力会社の空気がそうさせたのでしょうか。
Commented by capricciosam at 2011-03-18 06:50
>与作の女房さん、コメントありがとうございます。
>津波の影響については計算されていない
設計者の談話は目にしていませんが、
「国際原子力機関(IAEA)が2008年12月、日本の原発の耐震基準は時代遅れで、大規模な地震が発生した場合、「深刻な問題」が生じる恐れがあると警告していた」
(以上、時事通信より引用)
いまさらですが、正鵠を射た指摘だったのでしょう。


<< 買い占め撲滅ポスター がんばれ、東北!! >>