さようなら児玉清さん

なかなか記事の更新が進まない中で飛び込んできた訃報。

「昭和50年にテレビ朝日系で始まったクイズ番組「パネルクイズ アタック25」
の司会を担当。一般出場者を気遣う知的で誠実な司会ぶりがお茶の間の
幅広い年齢層で支持され、30年を超える長寿人気番組に育てた。」
(以上、msn産経ニュース5.17より引用)

アタック25の司会をお休みされた時に肝臓の具合が悪いというような
アナウンスだったのですが、胃ガンだったんですね。
77歳とはいっても、年齢を感じさせない司会ぶりは、
20年以上前に小生が出場した当時と印象はそんなに変わらないですね。
児玉さんが司会している間にいつかは再挑戦と思っていたのですが、
かなわぬ夢となりました。

児玉清さんのご冥福をお祈りいたします。
c0007388_703393.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-05-18 06:56 | 時の移ろい | Comments(2)
Commented by at 2011-05-19 21:38 x
こんばんわ。パネルクイズ出たんですねー 楽しめましたか?
私は児玉さんの事はよく知らなかったのですが、ラジオの書評コーナー(以前は米原万理さんが担当でした)で楽しそうに本の話をされていて、ほんとに好きなんだなあ・・・と思っていました。この番組のアナさんはきのうは今にも泣き出さんばかりのごようすでした。一歩引いた、ふしぎに物静かな方・・・娘さんをなくされていたとの事、そんな辛い経験が誰の心にもしみこむような優しさを感じさせてくれたのでしょうか。ここらからご冥福をお祈りしたいと思います
Commented by capricciosam at 2011-05-19 22:00
>よさん、コメントありがとうございます。
>楽しめましたか
本番では案の定あがりました。一枚パネルを取ってからは
割合落ち着いていましたが、楽しむレベルだったかどうか、
怪しいものです。今となっては良い思い出です。

>書評
すごい読書家だったようですね。しかも、原書で読むというの
ですから、恐れ入っちゃいます。
実際、新刊本の帯びの推薦文なんかもよく目にしましたね。


<< ついに到達 ささやかな甘辛支援 >>