巨匠たちの饗宴@北海道立旭川美術館2011

会場に足を踏み入れると、洋画、日本画の順で、日本近代絵画の
画家たちの絵が、これでもか、とばかりに展示されている。
これだけまとまって展示されたことは道内ではかつてなかったのではないか。
壮観の一語につきる。

これらは、広島県廿日市市のウッドワン美術館のコレクションの一部だそうだが、
さらに驚くのは個人がおよそ20年程度で収集したということだ。
その資金力もさることながら、その「目利き」ぶりにも驚く。
もちろん、ある作家を追ったとか、あるテーマに基づいて収集した、ということでは
なさそうなので、コレクションの「深み」という点では、少々物足りなさを感じたが、
しかし、考えてみると、どんな美術館もひとりの作家やテーマについて完璧に
コレクションしていることはほぼない訳だから、これは欲張りというもの。
むしろ、「日本近代絵画」といういささか幅広いテーマの下、コレクションを
より充実させていくことができるならば、さらなる厚みが増していくのだろう。
でも、今回の展示だけでも、十分なボリュームであることは間違いない。

中でも、同じ洋画とは言いながら、興味深かったのが林武と岡鹿之助との対比。
前者は晩年の代表作「赤富士」シリーズのうちの一枚である。
顔を近づけてみると、絵の具をキャンバスにたたきつけるがごとく塗ってあるので、
絵の具がまさしく盛り上がっている。
かたわらの解説にはチューブからそのまま塗りつけた、と書いてあった。
そのため、写実性とはかけ離れ、色も混然としている。
一見したら素人にもできそうな荒技だ。
では、絵としての佇まいが悪いのかというと、決してそうではない。
むしろ、富士山の壮大さ、というか凄味がよく表現されているように思う。

後者については点描画家としての印象はあったものの、実際の絵を見るのは
今回が初めてだった。そして、その点描が実はキャンバス地そのものに由来して
描かれていることを発見して、驚いた。
つまり、地がわからなくなるように絵の具を塗り重ねている部分はあるものの、
大半は絵の具をキャンバス地が浮き上がる程度に押さえていることだ。
それが巧みな配色によって点として目に飛び込んでくるという訳だ。
これは代表的点描画家スーラとは決定的に異なっているように思われる。
作者が相当熟慮して絵筆を運ばなければ絵としての完成はおぼつかない訳で、
技法としての難易度は一見したよりも相当難しいように思われた。
そして、その抑制された筆づかいのせいか、作品には静謐さが満ちあふれている。

林の「動」と岡の「静」。
異なった表現の技法により作品の湛える魅力も異なるが、
どちらも近代絵画に残した足跡は消えることはない、と改めて感じられた。

道立旭川美術館では9月9日まで。
その後、北海道立帯広美術館で9月16日~11月7日。
c0007388_22463643.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-08-21 22:46 | 展覧会 | Comments(0)


<< ビーン、お疲れ様でした。 誤算送り火 >>