ファイターズのチャリティCD

9月23日からの3日間は札幌ドームでファイターズが試合を行いました。
その中でちょっとした趣向があったことは、先日の記事でご紹介したとおりです。

「今回は東日本大震災復興チャリティとして、スタジアムご来場のファンの方々と
ファイターズ選手一同が、北海道を象徴・代表する歌である松山千春さんの
「大空と大地の中で」を歌い、チャリティCDとして販売するという、
これまでにないファンと選手による共同企画を実施いたします。
北海道道民の心を被災地へ義援金という形で届けます。」
(以上、北海道日本ハムファイターズHPより引用)

あれから発売を楽しみにしていたのですが、ついに手に入れました。
c0007388_21415681.jpg

構成はCD+DVD(選手のみなさんの収録の様子)で、
CDは選手がリレーしながら収録した分と後半にファンが参加した分です。

さっそくメイキングDVDから見ました。
選手の皆さんは収録は結構真剣なんだけれど、やはり楽しそうに歌われています。
見ているこちらも、なんだか楽しくなってきます。
次に、CDをメイキングの映像を思い浮かべながら聴きました。
選手のみなさんだけでも結構いけましたが、やはり1日だけでしたが
収録に立ち会った身としては、ファンの歌声が重なってくる2曲目が感動的。
年甲斐もなく何故か胸がジーンとしてきます。
原曲の良さももちろんあるのでしょうが、大勢が心ひとつに歌っている事実にも
心動かれるものがあるのじゃないかな、とつい思ってしまいます。
そして、選手でただ一人代表してメッセージを書いているのは石井裕也選手。
聴力障害のある彼にも参加する「場」を用意した配慮にアッパレです。
再びジーンです。

これは良い企画でしたね、ホントそう思います。
一時の熱は冷めてしまいがちですが、時間が経っても被災地を支援する姿勢を持続し、
しかもファンを巻き込んで実現した今回の企画は見事です。
CS開始前のタイミングでの発売でしたが、「梨」が去ったら、「栗」が来る気配濃厚であったり、
ダルは海を渡るらしいとの噂が喧しい限りですが、
選手のみなさんは雑音に惑わされずに、まずはCSをガンバッテもらいたいものです。
ガンバレ!ファイターズ!!
[PR]
by capricciosam | 2011-10-19 22:01 | 時の移ろい | Comments(0)


<< CSの戦い済んで 札響名曲シリーズVol.2@K... >>