CSの戦い済んで

西武が3位に滑り込んできた時にイヤな予感がしていました。
どん底からはい上がってきた西武に対して終盤大失速したファイターズでは
単に3位対2位の戦いでは済まされないものがあったようで、
ファイターズは2連敗という最悪の結果でCSを終えました。
ここぞというチャンスに得点できるか、否か。
短期決戦ゆえ、やはり終盤の勢いの差が出た感じですね。

しかし、結果論ですが、昨日のダルといい、今日の武田勝といい、
何故好投していた先発にギリギリまで投げさせなかったのか。
それぞれ1失点はしたものの、継投した投手が打たれて逆転されるという展開を
2日続けて見せられると、素人でもベンチの采配に頭をかしげたくなります。
もちろん、CSの第2ステージを見据えてというのはわかるのですが、
一戦ずつを勝たなければ第2ステージなんて到達できない訳で、
この辺の妙なものわかりの良さが良くも悪くも今年のファイターズを象徴
しちゃった感じですね。

梨田監督も、ヒルマン監督の後で大変だったでしょうが、
結局4年間で3位、優勝、4位、2位と、Aクラス3回ですから、
成績としては申し分なかったのではないでしょうか。
阪神監督の線も消えたから、退任表明の「別な角度から野球を見てみたい」が
実現するのかな。お疲れ様でした。

それから、ファイターズはドラフト会議では注目の的でしたね。
7位のソフトボール部の大島匠選手は、群馬県出身で早稲田大学ですから、
なにやら佑ちゃんに似ています。何年後かに大化けしてくれることを期待しましょう。
ですが、なんと言っても1位指名です。
強行指名した東海大学の菅野選手は挨拶に訪れたスカウトに授業を理由に
会わずじまいだし、祖父の東海大学顧問は人権蹂躙と言ったり、一浪を示唆したり
ですから、2006年の長野同様袖にされる可能性は大きいのかな、と心配です。
長野を思い出して、なにやら巨人との因縁を感じるのは考えすぎかな!?
確かに、事前に指名挨拶がなかったことは礼を失するとは思うものの、
別に球団に義務づけされたものではないし、ルール上は指名する自由はある訳です。
確かに、ドラフトという好きな球団を選ぶことができない制度については
完全に是とはしませんが、プロ野球でやる、という見地に立てば
どこでやろうと問題はないはずではないのでしょうか。
実際、どこでもOKと表明して進んだ選手のほうが大成しているように思うのですが。

楽天のマー君のツィートから、引用させてもらいます。
「t_masahiro18」はマー君で、「faridyu」はダルビッシュ選手です。
両名とも、どこでもOKと表明してプロ入りしたはずです。

@t_masahiro18全くもってその通りですよね
RT @faridyu: そもそもそんな「空気」あったらいけないですよね。
全ての人、球団に平等であるべき。
RT @shimon3petoro11: @faridyu ダルビッシュさん!!
記事で、「空気読めない日ハム」とか書かれていますが、どう思いますか?

菅野選手には、巨人じゃないとイヤ、という狭い考えを持たずに、
冷静に判断してくれることを期待したいところです。
そんな考えはファンが持てば良いのであって、プロのプレーヤーが持っても
決して褒められる類のものにはならないように思います。
[PR]
by capricciosam | 2011-10-30 23:49 | 時の移ろい | Comments(0)


<< ギリシャ悲劇に巻き込まれたくない ファイターズのチャリティCD >>