つぶやき復活

また更新の間隔が長くなってしまいました。
一応年末モードなので、単なる疲れだけでなく、酒池におぼれることも少なからずあり、
なかなか儘にならないものです。

そんな中、隣国の独裁者が急死したようですが、
民が飢えに苦しむことがないような政治が樹立されることを祈るばかりです。
でも、こんな世間の大事件よりも、小生的には「つぶろぐ」サービス終了が正直痛かった。
あ~ぁ、小市民で、ごめんなさい。

やはり、記事と称する駄文を書こうとしたら、それなりにまとまった時間が必要なのですが、
それでも少しは触れておきたいこともあったりします。
そんなとき、短時間で書き上げられる「つぶやき」を残しておけるブログサービスが「つぶろぐ」
だったので、記事更新がおっくうな時は、一日一つぶやき程度で使っていました。
Twitterが流行するのと前後して始まったように記憶しているのですが、
なかなか重宝していました。
しかし、しょせん一ブログサービス内のことなので、Twitterより拡がりがなかったのは
やむを得ないところでしょうか。

それでも来年1月末まで使えそうなので、引き続きつぶやいてみたのですが、
全然反映されず、強引に割り込まれた「サービス停止のお知らせ」が居座り続けるばかり。
次第に、このままじゃつぶやけないし、ストレスたまるよ、あかんなぁ‥、という気持ちになり、
つぶろぐを外して、ついにTwitterを始めてみました。

Twitterは引退後のはずだったのですが、背に腹は代えられません。
それから、平日の日中は仕事しているのでツイートはしませんし、
確認メールが届いておらず不完全なままのため、
当面はブログ内に表示するつぶやき程度でしかできそうもありません。
それに、つぶやくたびに下に拡がっているのも、なんとかしたいのですが、
設置したばかりでうまく調整できません。ハァ~
<12.31追記>
確認メールも届き、ブログパーツも変更しました。
携帯によるツイートも可能になりました。

こんなことを書きながら聴いているのは写真のCD。
クリスマス由来の曲も古今東西、いろいろありますが、
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」も有名ですね。
作品としてのバレエは観たことはないのですが、普段は作曲者自身がチョイスした
演奏会用組曲でもっぱら楽しんでいます。
デュトワ/モントリオール響の重さを感じさせない、流れるがごとき演奏は
バレエにうってつけかもしれません。
c0007388_23274613.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-12-25 23:19 | 時の移ろい | Comments(0)


<< クリスマスの約束@2011 北海道教育大学岩見沢校芸術課程... >>