クリスマスの約束@2011

大メドレー復活!!
しかも、2009年よりもパワーアップ!!
出場アーティストは21組から24組に。
歌う時間も「22分50秒」から「28分58秒」に。

昨年こじんまりとやった感じだったので、大メドレーは一過性とも思ったのですが、
いやいや、見事復活しましたね。小田さんの思いは消えていなかった。
もちろん、一回目のような意外性はないし、オジサンには初耳の曲もたくさんあったものの、
やはりノンストップであれだけ歌われると、TVのこちら側でも
駆け抜けた後の爽快感、達成感は十分感じられます。
ツアーを終えて約一ヶ月でここまで達成しちゃうんだからたいしたものです。
やはり、この試みは「歌う」ということの別の局面を切り開いているのではないでしょうか。
こりゃ、来年も大メドレー、期待できるかな!?

では、曲順に。
 1 僕のおくりもの
   オフコース時代の曲を小田さんのソロで。二番の歌詞を当夜用に創作して。
   (穿った見方をすれば震災の影響を受けた人たちのためともとれない訳ではないが‥)

以下、2~4までは、2009年の小委員会メンバーと山本潤子さんが加わって。
 2 愛と風のように
   「愛のスカイライン」というより、「ケン&メリーのスカイライン」で一世を風靡したCM曲。
   しかし、40年前とはなぁ‥、時は流れた。

 3 魔法の黄色い靴
   チューリップの有名曲。財津和夫さん、今回は欠席。

 4 卒業写真
   ユーミンの歌唱も好きですが、この曲と言えば、やはり山本潤子さん。
   この曲はメロディも素敵ですが、やはり詞の小宇宙が光っている。

◎ 大メドレー
 5 この日のこと by 全員
 6 もらい泣き by 一青窈 ~ホント、不思議なテイストの方ですね
 7 め組のひと by 鈴木雅之
 8 my sweet darlin' by 矢井田瞳
 9 アイシテル by 清水翔太
10 桜の雨、いつかby 松たか子
11 空はまるでby MONKEY MAJIK ~努力賞ものだね
12 決意の朝に by Aqua Timez
13 風立ちぬ by 中村中
14 長い間 by 玉城千春(Kiroro)  ~一昨年はTVで観ていたのがとうとう実現
15 Another Orion by 藤井フミヤ
16 Spirit of Love by 佐藤竹善 
17 KISS by Crystal Kay
18 童神〜ヤマトグチ〜 by 夏川りみ ~改めて聞き惚れました
19 キラキラ by 小田和正
20 FEVER by 和田唱(TRICERATOPS)
21 ヒーロー by FUNKY MONKEY BABYS
22 ガラナ by 大橋卓弥(スキマスイッチ)
23 風になりたい by 宮沢和史(THE BOOM) ~最高!
24 新世界 by 平原綾香 ~惑星といい、この路線から脱するつもりはないのかな
25 また明日... by JUJU
26 木蘭の涙 by 根本要(スターダスト・レビュー) ~改めて良い歌ですね
27 小さな恋のうた by キヨサク(MONGOL 800)
28 あえないウタ by キマグレン
29 ありがとう by いきものがかり ~メドレーのトリは、やはり聖恵ちゃんでした
30 この日のこと by 全員

そして、ラストは
31 Good Night  
The Beatlesの作品でした。正直、意外ですが、昨年の「Today」といい、
クールダウンには60年代ポップスからの選択が続きました。
c0007388_2220714.jpg

[PR]
by capricciosam | 2011-12-26 22:20 | 音楽 | Comments(2)
Commented by kurione04 at 2011-12-31 22:45
σ(^^)もこの番組娘と一緒に 観てました^^
昨年は少ししか観れなかったので
今年はとても楽しみにしていました。
最後の大メドレーは感動物でしたね。
娘もσ(^^)も 歌は大好きなので 一緒に歌っていました^^
娘には負けますが~(^▽^笑)
それにしても capricciosam さんは 凄いです(^_^;)
曲名を全て書いてあるなんて~~~~(゜▽゜;) オドロキー
クリスマスの約束・・・来年も楽しみですね~(^ー^* ) フフフフ
Commented by capricciosam at 2012-01-03 17:06
>kurione04さん、コメントありがとうございます。
>メドレーは感動物
そうですよね。ありゃ、そうとしか言いようがないです。
曲名はメモしながら聴いてますが、漏れもあるので、
番組終了後に検索してご覧になった方のを参考に漏れを
補足しています。


<< 2011年が終わろうとしている つぶやき復活 >>