「クリスマスの約束」大メドレーのルーツか!?

今朝のTV番組で「あなたが春を感じるのは?」という質問に4択から答える
という視聴者参加型のコーナーがありました。
一番多かった答えは「陽射し」。
「へぇ~、そうなんだぁ~」
なるほど今日は日中の最高気温が札幌で5℃くらいに上昇したわけですが、
久しぶりに暖かいな、と感じるとともに、窓外の景色もやけにくっきりと見えたのは、
やはり陽射しが強さを増してきているからなんですね。

冬から春へ。
地球の公転と四季なんて、義務教育で習った程度の知識しかないのですが、
地軸の傾きがあってこその妙なので、習った当時はしきりに感心していたように
記憶しております、ハイ。

に、しても今年は寒いし、大雪。
岩見沢市なんて、すっかり全国区で知れ渡ったのではないでしょうか。
先日行ってみたのですが、幹線道路はしっかり除雪、排雪がされているのですが、
それでも、路肩に積もっている量と高さは確かに尋常じゃない感じです。
例えて言うなら、山岳地帯の冬期間閉鎖されていた道路が開通した時の
両脇の雪壁の状態をイメージしてもらうと良いのかもしれません。
この大雪の原因は寒気の張り出しらしいのですが、こんな記事を見つけました。

「まず、北極海氷が大きく減少すると大気循環に変化が起こる。
その影響で、北極周辺から南に移動する寒気団が勢力を増し、範囲も南方向に拡大。
さらに、海氷が融解して海水面積が広がると、より多くの水蒸気が大気中に放出される。
水蒸気が広範囲に拡大した寒気により冷やされ、地上に大量の雪が降るという。
リュー氏は研究結果について、「海氷の減少が今後も続けば、冬期の降雪量は
さらに増加し暴風雪なども強大化する可能性があると示唆している」と語る。」
(ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト2/28より引用)

つまり、北極海氷の減少が背景にあるのではないか、との指摘なんですね。
地球温暖化の影響とも言えるのですが、断定はされていません。

ただ、別の研究者はこうも指摘しています。続けて引用します。

「複雑な大気現象がただ1つの要因によって引き起こされる可能性は低いとも指摘する。
温暖化が進むにつれて、未曾有の気象現象が頻繁に起こるようになると予測されている。
リンド氏は、地球温暖化または自然な気候変動のどちらが原因なのか、
見極めることが今後の課題だと言う。
「気象現象が永続するかどうかがカギになる。毎年続けば原因は温暖化だろう」。」
(ナショナルジオグラフィック日本語公式サイト2/28より引用)

原因はともかく、直感的に感じるのは、これまでの経験則を越えるような
暴力的といっても良いような気象の出現頻度が高まってきているような気がしてならないことです。
日本の四季と聞いて想像できるマイルドな自然の移ろいとは縁遠くなっていくのかなぁ、
という不安混じりの想像が年々強まります。
(歳取って老人になって行くって言うのに、ツライぜ、まったく、とぼやいてみる。)

ところで、話は変わって、今日は4年に一度の閏(うるう)日。

「1年の日数が365日ではなく365.2422日なので、そのずれを調整する為です。
西暦の年が100で割り切れ、かつ、400で割りきれない年は閏日を入れない平年になります。
2月29日生まれの人は、平年には2月末日の満了の時、つまり2月28日が終了する瞬間に
年齢が変わります。」
(以上、今日は何の日byこよみの日より引用)

へぇ~、そうなんですか。
まぁ、知ってるようで、知らないことって多いものです、ハイ。

「知ってるようで、知らない」
これに関連して話題をひとつ(ただし、独断なのであしからず)。
実は、しばらく記事も更新せずにいたのは毎夜YouTubeに浸っていたからなんです。
歳ですから、大体は懐かしの映像にウハウハしていたのですが、
関連動画を次々に観ていたら、あっという間に就寝の時間です。
この頃ようやく一段落してきたのですが、それにしても見続けるのも疲れますね。
そんな中で興味深い動画を見つけました。
「クリスマスの約束」の大メドレーのルーツ(おっ、懐かしい!死語!?)って、
案外この辺りなのかな、という演奏会なんです。
題して「日本を救え'94日本武道館」part1~part6



雲仙普賢岳噴火火砕流は1991年6月3日
奥尻島が被害を受けた北海道南西沖地震は1993年7月12日

そう言えば、あの頃は天変地異が続いた時期で、泉谷さんが
「おまえら、募金しろ!」なんて横断幕を掲げて路上ライブをしていたことが思い出されます。
このライブは元々は泉谷しげる、吉田拓郎の話に小田さんが巻き込まれるような形で
企画構成して、多くのアーティストによるバンドが数日間のリハーサルを経て、
それぞれの持ち歌に参加していき、共同で歌い上げるというものです。
なにやら「クリスマスの約束」や大メドレーのコンセプトとの共通点が感じられます。
ただ、大メドレーはこのライブではなかったようです。

このライブが行われたのが1994年8月16日。
クリスマスの約束がスタートしたのは2001年。
タイムラグがあるのですが、この間、小田さんの中で企画が休眠していたのか、
熟成していたのか、あるいは全然関係なかったのかはうかがい知ることもできませんが、
大メドレーにつながる原点は、案外このライブにあったのではないのかな、と思いました。
放送された番組が6分割されているので全部観るのは少し大変ですが、
貼り付けたpart1から順に観ていただけばと思います。
<追記3.1>
part1が終わったらpart2につながると思ったのですが、できないようです。
ちょっと長くなりますが、残りを貼っておきます。






[PR]
by capricciosam | 2012-02-29 23:55 | 時の移ろい | Comments(0)


<< さよならディドリーム・ビリーバー 本村さんを支持する >>