さよならディドリーム・ビリーバー

昨日の記事で、最近はYouTubeに浸っていたと書いたのですが、
懐かしい映像を見つけては悦に入っていたというところです。
Jポップや洋楽のオールディーズ、懐かしいドラマetc
ホント、宝庫ですね。
これまでもつまみ食い的には観ていたのですが、
今回ばかりはすっかりツボにはまったようでした。

そんな中、見つけたのが一連の「The Monkees」の動画。
(てっきりMonkeysと思っていたのですが、スペルが違いますね。)
かつてTVで放映された彼らのショーのようですが、アップされていたのはカラー。
しかも、画質も悪くない。
当時は白黒で観ましたから、ちょっと新鮮な感じが。

「懐かしいなぁ‥」

ザ・ビートルズが世界的に人気を獲得していく中、アメリカで人気を誇ったバンドが、
このザ・モンキーズでした。
ただ、バンド活動を継続して売れたザ・ビートルズと違い、
オーディションで選抜されて、即席で仕立て上げられたバンドのため、
バンドとしての成熟度が不足したまま、ヒット作品に恵まれて売れていた、
というのが実態のようです。ある意味ラッキーなバンドだったとも言えます。
「ディドリーム・ビリーバー」はそんな彼らの代表的ヒット作のひとつ。
(もっとも、最近じゃザ・タイマーズの忌野さんの歌声がよみがえりますが‥)



ボーカルのデイビー・ジョーンズさんの少し鼻にかかった甘い声が懐かしいのですが、
今日飛び込んできた彼の突然の訃報には驚きました。
66歳だなんて、アチラに行くにはまだ早かったですね。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by capricciosam | 2012-03-01 22:22 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 札幌交響楽団第547回定期演奏... 「クリスマスの約束」大メドレー... >>