あれから一年

今日は、東日本大震災が発生した2011年3月11日から満一周年。
「早いものだな」という感慨とともに、この一年を振りかえざるを得ない。
被災地、被災者への救済対策の進み具合、がれき処理に代表される被災地への協力具合、
原発に通じる原子力政策の修正具合、いろいろある中で全体としてどうなのか。
進捗しているものもあれば、遅々として進まぬものもあるのでしょう。
もちろん、一気にことが進展しているとは考えにくい原因の一端が中央の政治状況にあるのは
百も承知なのですが、一年経っての政策実現としてのスピード感、達成感はどうなんでしょうか。
被災者の立場に立った政治を与野党ともに「実現している」と胸張って言えるのでしょうか。

明日を迎えれば、もっと賑々しくなるのでしょうが、それとは別に
満一周年という節目に開かれた今夜のプロ野球東日本大震災復興支援試合にも
それなりの意義を感じる小生でした。
相手チームは、震災後、国を挙げて募金に多大な協力をしてくれた台湾。
恐らく国家単位としては、一、二を占める位置にあるのではないでしょうか。
勝敗を抜きにして、日本国民の一員としてこの友情は忘れたくありません。
台湾のみなさん、本当にありがとう。

しかし、勝負は勝負です。
結集した侍ジャパンは、来年のWBCを見据えての布陣と思われますが、
圧倒的大差はとは言え、まずまず順当な勝利。
試合に沿っての折々のつぶやきは小生のTwitterをご覧ください。
しかし、豪華メンバーでの布陣は来年への期待を膨らませます。
楽しみだぁ~

で、今夜のTV観戦のお供は写真の塩釜のお酒。
大したこともできない身としては、せめて支援の気持ちだけでも長く持ちづけたい、と
これからも心がけていきます。ガンバロウ、東北!!
c0007388_0193967.jpg

ハナサケニッポン

<追記3.21>
バナーが変更になったようです。
そんなに控えめにしなくても良いのに‥

[PR]
by capricciosam | 2012-03-10 23:57 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 心ひとつに ヤクブ・フルシャ&プラハ・フィ... >>