ららら4月

とうとう4月に突入したというのに、今朝起きたら一面の雪。
でも、先日の冬景色ほどではなかったので、晴れてきたらすぐに溶け出して
お昼頃には消えてしまいました。
c0007388_23113426.jpg

写真は8時頃の家の前の様子。ちょうど溶けかかってきた頃。
予報では今週もまだ雪マークがあるので油断はできませんが、
最高気温も5℃程度なので、積雪ゼロにももう一息という感じですね。

おっと、まだ書いている最中なのに途中で更新されちゃったよ。
まぁ、操作ミスということで、はぁ~、気を取り直して続きを書きます。

さて、プロ野球も開幕。ファイターズも3連戦を札幌ドームで戦ったのですが、
まず、驚いたのが開幕試合の結果。
当時はあいにく送別会と重なって、じっくり中継は観られなかったのですが、
先発が佑ちゃんとわかった時から勝利は半信半疑だったというか、
否定的だったというのが正直なところ。
しかし、結果は翌日のスポーツ紙の一面を独占したようにプロ入り初の完投勝利。

「おいおい、持ってるなら、さっさと出してくれよ!」

翌日TV画面のリプレイを見て、顔はほころびつつも画面に文句を言っておりました(笑)
「できるだけ長いイニングを投げたい」という佑ちゃんの目標達成のためにも、
次回の登板も気合いをいれて投げてほしいものです。

それから、第2戦の9回での劇的逆転による2連勝。
今日は負けたとは言え、先発吉川投手が8回1失点の好投。
これで先発の5人目は確定でしょう。
昨日のヒーローインタビューで田中選手が「これが栗山野球です」と言ってたのが
印象的でしたが、栗山采配はヒルマン監督-梨田監督と続いたややパターン化した
日ハム野球をバージョンアップさせてくれそうな気配を感じさせます。
それは、試合においても何かやってくれそう、というような期待というか、楽しみですね。
さて、そのうちドームに応援にいってきましょう。

ところで、日曜夜の定番だった「N響アワー」も3月で終了。
時々観る程度だったのですが、N響演奏会を中心に小生も楽しんでいました。
代って登場した「らららクラシック」の第1回ですが、N響の演奏会は予告程度で
ゲストの樫本大進さんとのトークを中心とした展開にスタジオでの実演を短く入れて60分。
途中の解説的字幕や演奏会予告からもクラシック入門編のような印象で、
方向性は異なるのでしょうが、「新題名のない音楽会」にも似たような印象ですね。
司会のお一人の加羽沢美濃さんは「題名」の準レギュラーのような方ですし‥
まぁ、これはこれで楽しめたので、新たなファンの開拓には役立つかもしれませんが、
従来の演奏会(特にN響)を中心とした企画を期待していたファンはがっかりでしょうね。
そういう方はBSの演奏会をみてくださいという意味なのかもしれませんが。
小生が気になるのは、時々この時間枠で放送されていた「オーケストラの森」の行方。
地方オケの演奏を聴く良いチャンスだったのですが、一体どうなるのでしょうか?

さて、そんな4月のスタートでしたが、久しぶりに更新です。
書きながら聴いているのが写真のCD。
ストルツマンのクラリネットが夜の静寂にやさしく響きます。
c0007388_23583219.jpg

[PR]
by capricciosam | 2012-04-01 23:26 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 気に入った一枚① 北海道現代具象展@北海道立近代... >>