さようなら尾崎紀世彦さん

「ヒット曲「また逢う日まで」などで知られる歌手、尾崎紀世彦さんが
31日午前0時5分、がんのため東京都港区の病院で死去した。
69歳。神奈川県出身。」
(以上、北海道新聞6/1より引用)

最近、長期に渡って消息不明との報道があり、少し心配だったのですが、
いつかあの歌声が聴けると思っていましたから、正直ちょっとショックです。

例え、作詞阿久悠、作曲筒美京平という当時の流行歌のヒットメーカーの
手によるものだったとしても、艶歌中心の中では、「また逢う日まで」を
あの豊かな声量で力強く歌い上げる様は、ひときわ輝いて見えたものです。
最近は、なつメロ番組で「また逢う日まで」を元気に歌っていらっしゃると、
こちらも当時に戻った気がしてホッとしたものでしたが、もう生きて聴くことは
かなわなくなったとは、残念です。
c0007388_526982.jpg

写真のCDを聴きながらこれを書いていますが、これは2年前に近所のスーパーで
買ったものでした。尾崎さんのベスト盤が聴きたくて探していたのですが、
案外見あたらなくて、とうとう見つけたという気分で手にしたことを覚えています。

尾崎紀世彦さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by capricciosam | 2012-06-02 05:27 | 時の移ろい | Comments(0)


<< 淡々とした休日 パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフ... >>