週末ブロガーと化しています

6月も残すところあと一週。
ふと、ブログの更新状況を見たら、なんと週末ばかり数回。
確かに、出張したり、残業があったりしましたが、ほぼ定時に職場を出ることもあった
訳ですから、これは「サボリ」というものですね。

先週日曜日(17日)は久しぶりに札幌ドームへファイターズの試合を観戦にでかけました。
今シーズン、ドームで見られる交流戦はこの日のヤクルト戦が最後。

9回表まで先発武田勝の調子が良く、完投完封ペース。
先頭打者ミレッジをピッチャーゴロに打ち取って、まず1アウト。
「やった」と思い、ふと観客席を観ると、すでにアチコチで赤い風船が膨らんでいます。
(16日・17日は選手プロデュースデーのため赤いジェット風船が配られていて、
そのため、いつもの青い風船よりも圧倒的に赤が目立ちます。写真は7回のものです)
c0007388_10113922.jpg

それで、慌ててバックから風船とポンプを取り出して、膨らませた訳ですが、
そんな準備に手間取っている間に、どういう訳かランナー1,2塁。
次は、4番畠山。
「やだな~、一打逆転だよ」
でも、武田勝が踏ん張って三振にし、2アウト。
「あと一人だ」
風船を握る手にも力が入ります。
しかし、続く5番バレンティンがレフトスタンドにホームランを打ち、
まさか、まさかの逆転サヨナラ負け。
観客席で膨らんでいた風船は、すぐにしぼんでしまいました。
いや~、晴れ晴れとした気分で飛ばしたかったなぁ~。残念。

後日ラジオを聴いていたら、「あなたの印象に残る交流戦」という特番が
流れていて、案の定ヤクルトファンからは、この場面が挙げられていました。
そりゃ、そうでしょう。
でも、敗れたファイターズファンにとっても印象深い試合であることは間違いないですからね。
あの一球を巡るかけひきはどんなものだったのでしょうか。
この辺りはツィッターに書きましたので、省略。

金曜日からは敵地でのソフトバンク3連戦。
1戦目。先発佑ちゃん2失点で抑えたものの、打線の援護なく敗戦。
これは、まぁダメージは少ないとは思うものの、昨日の2戦はいかんなぁ。
中継は観ていなかったのですが、大量リードしてこのまま逃げ切ったはずなのに
抑えの増井が4点献上して逆転負けされるとはなぁ‥
先の対ヤクルト戦といい、こういう勝ち試合を逆転されて負けるというのは、
ダメージが残らないか心配です。

当初の予想を覆し、現在パ・リーグ2位と健闘しているものの、
他の球団全てに勝ち越している訳ではありません。
なんと、ソフトバンクに対しては、たった1勝しかしていないのです。
大きく負け越しているのは、ここだけ。
いつの間にか3位に浮上してきただけに、ペナントレース終盤を考えると
いつまでもソフトバンクの「お客さん」であってはいけないはず。
奮起してもらいたいものです。
ガンバレ!ファイターズ!!

そろそろ、庭のバラも蕾が割れはじめました。開花間近です。
その前に、先日ご近所のシャクヤクをいただきました。
この花も見事ですね。
c0007388_10381612.jpg

[PR]
by capricciosam | 2012-06-24 10:39 | 時の移ろい | Comments(0)


<< カルテットという名の青春@BS朝日 大原美術館展@北海道立近代美術... >>