わくわくする大会だったねぇ~

窓から夜風が入ってくるんですが、冷たくて気持ち良いです。
というのは、日中降り続いた雨のせいで、室内がムシムシしているからなんですね。
お盆初日だとうのに、あいにくな天気です。
でも、墓参りは母とカミサンに任せ、小生は仕事でした。

とうとうロンドンオリンピックも終わってしまいました。
これまで何回も見てきたオリンピックですが、初日を除いて毎日メダル獲得が
報じられたことなんて記憶にありません。
だから、毎日、朝起きると結果が楽しみでしょうがなかったですね。
日本選手の活躍に感動し、拍手を送る毎日でした。

その結果、金7銀14銅17の合計38個のメダルは日本としては過去最高の獲得数。
アッパレ!アッパレ!!大アッパレ!!!です。
もちろん、予選敗退やあと一歩でメダルに手が届かなかった選手や競技もありました。
でも、そういう皆さん含めて、とりあえずはお疲れ様でした。
そして、真剣に戦う姿を、ありがとう、です。
オリンピックに辿り着くまでの努力は到底凡人の及ぶところではありません。

先日記事でも書いたとおり、今回は夜更かししてまでライブ中継は見ていません。
ただ、就寝前に中継された男子サッカー準々決勝、女子バレー3位決定戦、そして
男子マラソンだけは、ライブで見ることができました。
特に、隣国の指導者の無思慮な振る舞いの直後で、かつ男子サッカーが敗れた後
だっただけに、女子バレーはやや熱くなって応援している自分がいましたね。
こんな時こそ一国民としても冷静になることが必要なのでしょうが、
国家の指導者たるものの振る舞いの与える影響ということをも考えさせられました。
指導者たるもの、軽挙妄動と誹られるようなふるまいは厳に避けるべきです。
特に、外交に関わるものについては、ましてや平和の祭典の渦中になんて。
TPOをわきまえろっー!

そんな状態ですから、ブログの方は記事更新が遅れていましたが、
大会期間中は、ほぼ毎日ツィートしていました。
今更ながら、短文投稿のTwitterの良さを感じています。
c0007388_23241525.jpg

この記事を書きながら聴いているのは写真のCD。
ロンドン、英国と来て、エルガーという実にベタな選択です、ハイ。
特に、弦楽セレナードは素敵ですね。
[PR]
by capricciosam | 2012-08-13 23:13 | 時の移ろい | Comments(0)


<< トータル・リコール@映画リメイ... 福田繁雄大回顧展@札幌芸術の森... >>