来年のPMF

3連休の初日ですが、あいにく今日も雪が舞う天気のため、
まだ完了してない庭仕事もできず仕舞い。
内心このまま根雪になったら、ちょっとまずいなぁ、とは思っているのですが、
これは休日に晴れてくれないことにはどうしようもありません。

それで、午前中におばの見舞いに出かけて帰宅してからは、
たまった新聞の整理をしてのんびりと過ごしていました。
普段は見出し中心に眺める程度が関の山なので、休日にまとまって読みますが、
改めて記事を読んでみると、今度の衆議院選挙は後世において、
ひとつの分岐点だったと評価されるような気がしてなりません。
真剣に考えれば実に選択が悩ましい、そんな選挙になりそうな雰囲気ですね。
混迷の度を深める日本社会が良い方向に向かうきっかけとなれば良いのですが…

ところで、来年のPMFの概要が組織委員会から発表されました。
ファビオ・ルイジが3年務めた芸術監督の後任は置かずに、
特別首席指揮者がイルジー・コウト、首席指揮者が準・メルクルとなっています。
スケジュールから前半をコウトさん、後半をメルクルさんが分担するようで、
コウトさんが札響を指揮する予定もあるようです。

コウトさんは初登場、メルクルさんは2008年以来でしょうか。
ところで、コウトさんは来年1月に予定されていた来札公演を病気のため中止したようですが、
PMF開始までには健康が回復されていると良いですね。
メルクルさんは、2008年のトゥーランガリア交響曲の好印象がいまだに記憶に残っています。
小生のメシアン体験としては強烈でした。

ソリストの中で注目したのはホルンのラデク・バボラーク。
今年3月のモーツァルトのうまさには酔いしれましたから、
当然期待が高くなるというものです。

教授陣もウィーン・フィルメンバーがかなり再登場してくれそうです。
もう縁がなくなっていくのかな、と思っていただけに、これは嬉しい。

また、今年初めてあったPMF-GALAが再び予定されています。
今年は結構楽しめましたが、「PMF賛歌」がまた歌われるのかな。

いずれにせよ、楽しみです。
c0007388_0102587.jpg

写真のCDを聴きながら書いていました。
昨年6月に安永さんの独奏で聴いて、思わずシートで固まってしまった
「カム・イン!」が収録されています。
ギドン・クレーメルとクレメラータ・バルテイカの演奏は夜の静寂にふさわしい。
[PR]
by capricciosam | 2012-11-23 23:54 | 音楽 | Comments(0)


<< 札響名曲シリーズVol.4@K... 初雪が降った >>